« ミニペンケース(イチゴ柄) | トップページ | 花の形のコースター »

箱根旅行記

 3月の21日、22日の1泊温泉旅行 箱根編 の旅の記録をしておこうかと思います。なんだかこのカテゴリーの更新は久しぶりかもしれない・・・w

01

 今回の旅行は、今の家に引っ越してから毎月一人2000円ずつ、旅行用にと積み立てた貯金が8万円を越え、私が無職になって収入が途絶え、この毎月の積み立てが出来なくなったので、一度ここで〆て、久々の旅行に行こうという事になりました。
 相方が今の時期忙しく、日曜日は出勤続きという事もありまして、カレンダーでは3連休になってる日を選ぶ事になりました。春休み+連休という繁忙期という事で、旅費が高くつきましたが、仕事が入ってキャンセルになるよりはマシかなあと・・・。

 旅先を箱根に決めたのは、近いからいつでも行けるだろうと思う油断から、全く行かないまま今まできてしまい、このままだと永遠に行く日がこないのではないかというのと、近場なので一泊でも現地で楽しむ時間が多く取れるかな?という思いでした。

02

 行きはロマンスカー。初めて乗ったかも。さすがに満席でした。
 
 今回の箱根の観光は、詳細を一切決めておらず、移動の電車の中で考えようと思っていました。でも箱根の観光本も買っておらず、旅行会社からもらった地図だけを参考にしようと思っていました。

03

 するとロマンスカーの座席のポケットに、無料版の”るるぶ”がw 表紙にもなってる七福神めぐりをすれば、箱根をだいたい一周してこれるし、朱印集めをしよう という話になり、初日は七福神めぐりをしつつ名所をまわる、というプランにしました。

04

 駅についたら即、徒歩6分ほどの所にある旅館(旅館吉池)に行き、荷物を預かってもらいました。昼食には若干早い時間でしたが、混雑して並ぶのも嫌だし、朝食が早かったことでおなかもすいていたので、宿近くの蕎麦屋さん(はつ花そば本店)へ。ここはネットでも評判の良さを見ていたので。

05

 評判通りのおいしさ。相方は天ざるそば。細いのにコシが強く、麺がとてもおいしいところに、自然薯のうまみ。

 腹ごしらえも終え、いよいよ観光スタートです。
 写真が多いので折りたたみますー。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

06

 バスに乗り、七福神めぐりのスタート、大黒天のある守源寺へ。この寺のある畑宿は、寄木細工の町という事で、ちょっと楽しみに行きました。しかしバスを降りると、そこには閑散とした風景が・・・。お店が何件かバス停そばにあるのですが、閉じてるお店が多くて、連休とは思えないひっそりとした感じ・・・。

 とりあえず、このお寺で朱印を集められる色紙が買えるという事なので、石段を元気よく上がりました。

 参拝をすませ、さて、色紙でも・・・とあたりを見回すと、手入れの行き届いた綺麗なお寺にも関わらず、人気が全くありません。色紙は何処で買うのだろうと、急に不安になり、社務所的な建物に近づいたところ、

07

 こんな張り紙が・・・。スタート地点でいきなり躓く。
 色紙の入った箱は見つかりましたが、お金を入れる場所が見つからず、仕方なく色紙代の500円と、ご朱印の200円を、色紙の入っていた箱に入れました。
 しかし、ここの朱印、思いっきりシャチハタで、なんていうか有り難味がないというか、スタンプラリーそのものというか・・・。

 バスが1時間に2本で、待ち時間が長かったので、近くの寄木細工のお店に行き、コースターを買いました。寄木細工って綺麗ですよねw

 次の目的地は、箱根神社という大きな所だったので、観光客も多く、社務所にもちゃんと人がいて、ご朱印を頂く事ができました。

08

 お参りついでにお正月のリベンジをすべく、おみくじを引いたところ、なんと大吉!書かれている内容もそれなりによく、こうしたらもっと良くなりますよというアドバイスもあって、私の望んでいたおみくじの内容そのものでしたw 七福神めぐりの恩恵か!

 ここは恵比寿さんでした。

09

 るるぶに載っていて、これを目当てに七福神めぐりをはじめたと言っても過言ではない、5色もち。駐車場そばの麺類などを扱っている休憩所にあるのですが、めちゃくちゃおいしかったです。コレはぜひ、箱根神社に来たら食べてみるといいかも。

 次の場所へは芦ノ湖沿いを徒歩で。興福院の布袋さん!

10

 ここも誰もいなくて、セルフ押し。よく朱印はスタンプラリーとは違う!スタンプラリーのような気分で集めてはいけない!と聞きますし、私もそう思うのですが、今回の七福神めぐりは明らかにスタンプラリーです。ご集印って書いてあるし。

11

 更に徒歩で本還寺へ。寿老人。暗い部屋の中で作業しているおば様がいて、声をかけるといそいそと部屋の電気をつけ、その方が朱印を押してくれました。
 そして続けて駒形神社の毘沙門天。こちらは暖かいストーブを囲んで、おばさま2名が歓談しており、そのうちの一人が朱印を押してくれました。

 そして意味ありげに、「残りの二箇所の場所わかる?」と。
 一応降りるバス停ぐらいはわかっていたので、「一応わかるつもりです」と答えたところ、おばさまは、すっと地図の前に立ち、「次の弁天さんは東芦の湯で下りるのよ~、んで、ご朱印は、その近くにある、きのくにやっていうホテルさんのフロントで押してもらうのよ~」と・・・。

 そして「最後の福禄寿はねー、ユネッサンっていう温泉施設の庭の中にあるのよ~」と。

 まさかそんな所にあるとは思っていなかったので(後でるるぶを見ると、小さく一応書いてありましたがw)、おばさまには感謝の気持ちでいっぱいになって、ここを後にしました。
 ちなみにバス停に戻る近道まで教えてもらいました。

 芦ノ湖からのバスはすし詰めの大混雑!ラッシュの通勤電車のような混み具合に。必死に手すりにしがみつき、東芦の湯のバス停で搾り出されるように降りました。

12

 付近にこれといって何もなく、だだっぴろい広場のむこうに鳥居。しかしこの広場、雪解け水なのか、ほとんど沼じゃないのかっていうぬかるみがあり、たどり着くのに苦労しました。
 おばさまの教えてくれたとおり、近くに”きのくにや”さんがあり、もし聞いてなかったら、絶対わからなかったと思いつつ、中に入りました。宿泊客ではないのに、すごく礼儀正しく迎えていただき、ご朱印をいただきました。
 ついでにトイレもお借りしましたが、次はここに泊まろうかと思うぐらい、親切にしていただきました。

13

 ふたたびギュウギュウのバスに乗り込み、小涌園というバス停でおりました。ユネッサンのすぐそばです。ここの山王神社という所の中にあるらしいけど、はてさて?と、少し散策すると見つける事ができました。
 社務所は無人で、御用の方はこのボタンを押してくださいっていうのがあって、それをピンポーンと押したところ、ユネッサンの従業員らしい仲居さんが出てきて押してくれました。これで七福神めぐり終了!

 もうこのときには4時を過ぎており、宿に戻る時間になってしまっていました。ふたたびバスに乗りましたが、鮨詰めでグネグネ道を走り続ける状態に耐えかねて、登山鉄道の駅前で降り、鉄道に乗り換えました。こちらも混んでおり、しかもバスより箱根湯元に到着するのに時間がかかり、これはこれで結構きつかったですw

 普段、温泉旅行では、夕食を食べてからお風呂という事が多いのですが、今回は疲れていた事もあり、夕食の時間までお風呂をいただくことにしました。お風呂は少しぬるめな感じでしたが、その分ゆっくり浸かれることができ、お湯に疲れのエキスが溶け出していくかのようで、温泉最高!

14

 夕食はすごいご馳走でした。魚介類がメインなので、相方は食べられない物が多かったのですが、もうどれもこれもおいしい!ちょっとした小さい物までおいしい!魚嫌いの相方に、コレ絶対おいしいから食べてみて!と、嫌がり警戒する所を半分無理やり食べさせたところ、「食べられる・・・てか、美味い!」と言い出す始末。本当に調理と味付けが最高で、おいしかったです。

 食後にふたたびお風呂をいただいて就寝。

-------------------------

15

  朝食もすごいご馳走感。ご飯がおいしくて、梅干もおいしくて、もうそれだけで何杯でも食べられそうなw

16

 今回泊まった旅館吉池さんは、旧岩崎邸の別邸だったこちらの庭がすごい。季節が少し悪くて、花はありませんが、桜やつつじの季節は見事だと思います。新緑や紅葉の季節も素晴らしいかも。
 ここで1時間ほど散策してしまいました。

 チェックアウトをして、登山鉄道に乗り、2日目は大涌谷へ向かいました。すごい晴天で、きっと富士山が見えるに違いないと、ワクワクしながらケーブルカーの乗り換え駅に向かったのですが、すさまじい行列が!アナウンスでは40分待ちですと叫ばれており、帰りも並ぶことを考えると、帰りの電車に間に合わなくなる可能性もあるので、涙を飲んで諦めることにしました。大涌谷に向かうなら、もっと早い時間に電車に乗らないとダメですねー。

17

  予定外でしたが、その駅から近い強羅公園へ。クリスマスローズ展というのをやっていて、思いのほか楽しめました。

 昼食を箱根湯元で取ることにし、再び登山鉄道へ。揺れる電車の中で、目の前に座っていた女の子が酔ったらしく、リバース(´Д`;) 朝何食べたんだ!っていう猛烈な匂いで、思わずもらうところでした・・・; 酔いやすい人は酔い止め必須かも;

18

 お昼は「ハイカラ中華日清亭」で。ここもすごくおいしかったです。麺を打ってる人が金髪の長髪ナイスガイで、とてもロックでしたがw

19

 実家や相方の会社へのお土産を駅前でゆっくり買って、それでも時間が余ったので河原に降りて日向ぼっこしてました。アオサギがスーーーッと飛んできて、結構近いからとシャッターを切ってたら、パクっと魚を捕まえるという絶妙なタイミングが撮れました。

 電車の時間が近づいてきたので駅前に戻り、夕食用の富士屋ホテルのパンを買い、ロマンスカーに乗り込んで帰宅しました。

--------------------

 七福神めぐりは、冊子に載ってるぐらいだからもっと盛り上がっているのかと思いましたが、やはりスタート地点がアレだったせいか、同じように色紙を持っている人に、最後まで会うことはありませんでした。それぞれのお寺や神社では、箱根神社以外では観光客に会う事もありませんでした。正直、週に何人もやってないんじゃないかと、社務所の人の様子を見て思いました。すごくマイナーな観光をしてしまった感じですが、それはそれで面白かったです。
 ほとんどの社務所が開いていないために、それぞれの所にある御守りを買う事ができなかったのは、ちょっと残念でした。

 大涌谷に行き損ねたし、美術館なんかも全く見て回れなかったし、体験したいワークショップもあるので、また是非行きたいです。

« ミニペンケース(イチゴ柄) | トップページ | 花の形のコースター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

箱根旅行、楽しそうで私も行きたくなりました~(*´ω`*)
大涌谷といえば、黒たまご(*´∀`)
たしか、1袋6個入りで、1つ食べると7年寿命が伸びるとか。
多分、平均寿命たダブルスコアいけるくらい食べてるので、
その長い余生でまた箱根に行きたいです!
そのときは七福神巡りも!

旅行記、とっても楽しく読ませてもらいました。

箱根いいなー

箱根観光、楽しまれたようで何よりです。
予想外であっても、楽しめることってありますよね。

乗り物には私も弱いので、気をつけなくては・・
っていつ行くんだ、私?^^;

こんにちは(◎´∀`)ノおかえりなさい~

箱根七福神!!初めて聞きました~(゚0゚)
集める!っていうと、ついつい行きたくなっちゃう…収集マニアです(笑)

食事がとてもおいしそうです。( ´艸`)
やっぱり、旅行の食事は大事ですよね。

ケーブルカー、そんなに混んでたんですね(p_q*)
大涌谷の黒タマゴはとっても美味しいので、またいけると良いですね♪
タマゴを食べにふらっと行っちゃう、タマゴフェチな私です(*^m^)

待ってましたー!
と言うのも、うちも今週末行くんですよ♪
旦那の母親が鹿児島から来るんですけど、どこに行きたいか聞いたら箱根がいいと。
あと一週間ズレてたらMACKさんとすれ違ってたかもー!(笑)

箱根は友達と二年前に行ったんですけど、そうそう、箱根神社のお餅おいしかった!
あと箱根神社の龍神水という霊水を母に頼まれてもらって帰ったなあ…
パワースポットとして一時期すごく流行りましたけど(そもそも流行りものとか言ったら失礼ですが)いまは落ち着いてるのかな?
食べ物が全部当たりだったみたいで羨ましいです(≧∀≦)

楽しそう~~♪♬
 昔々に強羅や大涌谷に行きましたわ。
 箱根の森美術館じゃない、彫刻の森美術館とやらに行った記憶が……
 

ぷーたむさんこんにちは!

 黒たまご、是非食べてみたかったですw 
 その場所からの絶景も見事らしいし、行けなかったことを今もうじうじ考えています。
 おみやげに送った寄木細工を母がすごく気に入って喜んだので、母を旅行に連れて行くという名目で、もう一度行けたらと企んでいます。
 母に卵3個ぐらい食べさせよう。。。ヽ( `ω´ )ノ

---------------------------
ごまさんこんにちは!

 箱根は温泉地として歴史も長いせいか、寛ぐための全てが揃っているっていう感じでした。外国人観光客が多いですね。お土産物も充実してるし、食べ物もおいしいし、数ある温泉地の中でかなりお勧めできる場所だと思います。日帰りできる距離だったら通いたいぐらいですw

---------------------------
杏さんこんにちは!

 あからさまな観光名所ではなく、地元の人が行くかどうかというような場所を見てきたので、いっぱしの箱根通を気取ってみたいところです。あと2週間遅らせたら、山桜がよい感じだったかもしれないので、次は季節の花も狙ってみたいです。

 乗り物に酔いやすい人にとって、箱根は修行の場になりかねない感じですが、箱根湯元だけでも十分楽しめます。上の方に行くのなら、相当な覚悟がいるかも・・・。自家用車でも結構きついかもしれないです。
 
 永遠に寂れない温泉地といった感じだったので(富士山噴火がない限り不滅な気がします)、死ぬまでに訪れるといい場所として推薦しておきます三└(┐卍^o^)卍

-----------------------------

☆ママちゃむ☆さんこんにちは!

 箱根にも七福神があるのは、私もるるぶを見るまで知りませんでした。実際、小さいお寺に付随した小さな祠があるだけなので、載っていなかったら永遠に知らないままになったかもしれません。
 でも色紙に、全部の朱印が押されると、見た目もとても良くて、自分のための箱根土産としてすごく立派な物が出来上がり、行ってよかったと思いました。次やる事はないかもですが・・・w

 旅行中の食事はどれもおいしかったです。
 最近めちゃくちゃゆで卵が好きになって、方々から坂東英二化してると言われているのに、黒たまごが食べられなかったのは悔しいですw☆ママちゃむ☆さんも卵好きとは嬉しい限り!
 初日に行けばよかったー;

-----------------------
なおちんさんこんにちは!

 タイムリー!鹿児島からの疲れを癒してくれるに違いない場所ですw
 龍神水、汲むためのペットボトルが配られていましたが、何の事かわからず汲まずにいたのですが、後で調べたら結構良かったので、次行く時は汲みたいと思っています・・・w

 箱根神社は中々の人出でした。他、バスやケーブルカー、電車もスシ詰めでしたが、三連休のせいだったのかな?でも混雑はあるかもです。

 食べ物はどれも当たりでした。お土産に買って帰った梅干もおいしいし、箱根に不味いものが存在しないのではないかという気になってきました。
 魚介類も充実してておいしいですね。

------------------------
kayokayoさんこんいちは!

 彫刻の森美術館は、鉄道から少し見えますが、敷地がひろくて、庭に置かれていて、迫力がありますね。ぜひ行って見たいかも。
 トンボ玉作ったり、陶芸したり、ちくわ作ったり、万華鏡作ったり(星の王子さまミュージアムにあるらしい)、あちこちで手作り体験が出来る場所も箱根にはあるようなので、まさに見所満載って感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/59348355

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根旅行記:

« ミニペンケース(イチゴ柄) | トップページ | 花の形のコースター »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート