« 角丸型紙の使い方 | トップページ | 作り方:角丸ミニ巾着 »

作り方:角丸トート

 このたび、ブログ”うねうねごろごろ”は、ライブドアブログに引っ越す事となりました。

 以下が新しいトップページとなりますので、お手数をおかけして恐縮ですが、登録いただいている皆様には、ブックマーク、リンクの変更をお願いします。
 しばらくココログ側の記事も残りますが、コメントなどは新ブログの記事にいただけると幸いです。

-------------------------------

新サイトURL: http://unegoro.blog.jp/

-------------------------------B04709901_2

 昨日の更新角丸型紙の使い方で裁断したバッグを仕上げました。
 タグの下に敷きたい残り布が小さかったので、ちょっと変わった付け方をしてみました。

B04709902

 今回は裏側には飾りなし。外布はT様ご提供の布です。ボタンも。

B04709903_2

 内側は定番になりましたデコレクションズさんの布です。

□完成サイズ(持ち手含まず)
 高さ29cm 
 幅23cm

第7回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 110- 50 = 60cm

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!

01_2

 各パーツを作成します。本体外布には接着芯を貼った口布を、内布には芯なしの口布をそれぞれ中表に重ねて縫い合わせます。
 一度縫い代を割り、それからまとめて外布は上方向へ、内布は下方向に倒しておきます。

 持ち手も両端を縫い、仕上げておきます。

02  ポケット布は中表になるように半分に折り、返し口を開けるのを忘れないようにしつつ、3辺を縫い、角の縫い代を切り落とし、表に返し、飾りなどをつけてください。

03  内布の中央に、ポケットの中央が来るようにあわせ、口布との境界から1cm下にずらしたところにポケットを縫い付けます。

04  外布にタグなどを飾り付けたのち、持ち手を仮留めします。持ち手は中央から5cmの位置を目安にして付けてください。

05  外布同士、内布同士それぞれを中表に縫い合わせ、袋状にします。縫うときには口布の縫い代の倒す方向に注意。
 内布側には返し口を側面につけて、上辺以外をぐるっと縫います。
 縫い終えたら、曲線部分に三角の切れ込みをいれます。外布は少し細かめに。

 縫い代は割っておくと後が楽です。

06  外布を表に返し、内布の袋の中に入れ、入れ口を縫い合わせます。
 縫い終えたら返し口から表に返し、返し口は縫い閉じます。

 入れ口の押さえステッチを1周し、ボタンをつけたら出来上がり。

« 角丸型紙の使い方 | トップページ | 作り方:角丸ミニ巾着 »

ちくちく(バッグ)」カテゴリの記事

作り方(無料レシピ)」カテゴリの記事

コメント

 丁寧なレシピ、ありがとうございます(^-^)
  縫い代を一度割ってから片返しのアイロンをかけなきゃいけなかったんですね(´`:)
 つい、省略していました(^^ゞ

kayokayoさんこんにちは!

 たぶん説明がなくても大抵の人が作成できる簡単なものですが、ちょっとしたポイントを記載しておきました。
 一度縫い代を割ってから肩倒しすると、仕上がりが綺麗になります。
 最初から倒すとたまに表から見ると、だぶついた状態でぺったんこになることがw

この記事へのコメントは終了しました。

« 角丸型紙の使い方 | トップページ | 作り方:角丸ミニ巾着 »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート