« カウプレ結果発表! | トップページ | Kidsウォレット(ベージュ) »

しじみ巾着(ベージュ)

0120_01

 昨日のグリーンと同時にベージュの方も裁断していたのですが、レースの渡し方などで統一デザインにすると決め手いたのに、柄目を余り考えていなかったため、黒いスタンプ調部分の羊さん柄の部分にレースが。羊さんが少年Aみたいになってるという。

0120_02

 このレース、この茶色にすごく合うなあと。ラインはあわせた方が綺麗ですが、交差するような感じにしても動きが出ていいかも?今度試してみようかな。

0120_03

 内側に使った暗い色の水玉が残り僅か;Kidsウォレット分が取れない予感がすごくする! 

-------------------------
 昨日は病院の日で、病院の日といえば院内の図書館で本を借りて読むのがいつものパターン。今回も1冊借りて読んでみました。

 文庫版も出ているようですが、読んだのは単行本の方なので、こちらの方でご紹介。
 内容は、嫉妬とは何か、嫉妬心はどのような影響を社会に与えてきたかという事を、実例を交えて解説しています。嫉妬と聞いて思いつくのは、昼ドラにありがちな恋愛関係のドロドロですが、この本の嫉妬はそういう恋愛系の嫉妬ではありません。
 いうなれば「男の嫉妬」ですね。恋愛ではなく、名声や権力にまつわる嫉妬心のお話です。

 私は以前から”嫉妬”とは何だろうと、考えておりました。動物にも嫉妬心はあると言われていますし、7つの大罪の1つとして存在するので、人間が文明、社会性を持ってから、”嫉妬”心というのは、コントロールすべき本能として数えられているのではないかと。どんな宗教の教義にも、人を妬むのは良くない事とされていますし、感情の中でも黒い部類に含まれると思います。
 でもそうやってわざわざ戒めなければならないという事は、すべての人に嫉妬するという心が存在するからに他ならない訳で。何故そういう心が存在するのか、未だにわからぬテーマです。私は嫉妬するのもされるのも嫌いで、特に自分自身に嫉妬が芽生えるのがすごく嫌。自分が黒く染まるようなイメージはある意味恐怖です。おそらく誰もが、嫉妬心と同時に、そんな黒い嫉妬心を無くしたいという気持ちを同時に持つのだと思います。その嫉妬心の抑え方によって、人の行動は変わって行く。そこに答えの1つがあるのかもしれません。

 さて本の内容に話を戻しますと、著者は”嫉妬”があればこそ、社会は発展してきたと説いています。人と比べ、芽生えた嫉妬が負けたくないという気持ちへの転化が行われたとき、人はすごい力を発揮し、それが大きく社会を動かすという物です。
 嫉妬が黒い感情としてカウントされる最大の理由は、著者は器の大小という事で表現していますが、器の大きい度量のある人なら、嫉妬の感情を「こんな相手に負けたくない だから努力して超えよう」とプラスに変換し、自分の中から嫉妬心を消し去りますが、小人は嫉妬に支配され、相手の足を引っ張るという行動に出るからです。
 悪口を流布し、失脚の罠を張り、自分を高めるのではなく、相手をひきずり下ろして嫉妬心を無くそうとする。そしてこの方法が、自分自身を高める努力より簡単なので、安易に人はこちらに流れてしまうという。

 古来から、人間社会はそのくり返し。日本は世界的に見て、特に嫉妬心のコントロールに細心の注意が必要になる民族のようです。元々集団行動の民族で、誰かが特別に抜きん出るという事を嫌う性質があり、それこそ「出る杭は打たれる」というように、肩を並べていた人から頭ひとつ出るだけで、あっという間に嫉妬の餌食に。
 この本ではそれを踏まえ、人が嫉妬する理由と共に、嫉妬を回避する方法を、先人の人生から引用してまとめております。

 社会を裏から上手にコントロールする、いわゆる影の支配者が何故日本には多いのか。それは嫉妬心から逃れるための処世術の1つだったとか、”嫉妬”を基準として、今までの政治社会について変わった視点の切り口で見ており、とても新鮮な気持ちで読めます。学校の授業では出てこないような役職の人や名前の人が多数出てきますが、歴史の影に隠れながら時代を動かしてきた人という事で、その部分も一見の価値ありです。

 嫉妬というと、どす黒いドロドロとした陰湿な印象の言葉ではありますが、この本はまるで落語の噺のように、軽妙な語り口でテンポ良く、先人の嫉妬にまつわる逸話を解説してくれており、とても気軽に読める1冊です。
 いつかトップを取りたいというような向上心溢れるサラリーマンに、この本に載ってる先人の逸話の処世術はとても参考になるのではないかと。

 自分の中に存在する感情のひとつを、少しでも理解したいという人にも一読をおススメしたい良書でした。

第六回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 1458 - 1 =1457cm 
今週ノルマ●●●●●●●(土曜スタート)

人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

« カウプレ結果発表! | トップページ | Kidsウォレット(ベージュ) »

ちくちく(小物)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!(*^-^*)

カウプレお疲れ様でした!
ハズレてしまいましたが、皆さんのアンケートの答え、
とても楽しく拝見させていただきました❤

ベージュのしじみもシックですね~!
裏布がちょっと和柄風にも見えて、そこにレースがプラスされているのも
素敵です。もしかして和柄とレースって意外と合うのかなぁ・・・

「嫉妬」とはちょっと違うかもしれないですが、
暫く前に「怒り」について、色々な本を読みました。
怒りを上手くコントロールできるようになりたいなぁ、と。
MACKさんが紹介してくださった本も面白そうですね!
暗くなりがちな内容ですが、読みやすそうですね(^-^)

おはようございます。雪、積もりそうかな?カウプレお疲れ様でした。当選された方々、おめでとうございます。毎回、当たるかな???のワクワク、ドキドキ感がたまりません。
しじみ巾着、私も手作り始めたての頃、すごく作りたくって型紙購入しました。すごく可愛いですよね♪ほとんどSサイズばかり作ってます。しじみ巾着ショルダーも何個か作ったけど紐の開け閉めが面倒で息子には不評だった。
この本、興味深いです。動物にも嫉妬心はあると思います。友達の家の猫は子供が生まれてから体調崩したりしたとか、焼きもち焼いてベビーベッドの上でわざとおしっこしたりしてた。とか色々話し聞きました。嫉妬心、きっと誰にもありますよね。私も今度図書館でこの本、チェックしてみますね♪

こんにちは*
カウプレお疲れ様です。
今回も楽しませてもらいました(^O^)
やっぱりアンケートの答えが気になって、それだけを見に来たことも何回か(笑)
1つの質問に対してこんなに多くの方の回答を見る機会ってあまりない気がするので、良い機会になっています。
ありがとうございました(^_^)


嫉妬はどこにでもあるけど、いろいろと難しいものですよね。
たまに「ああ今妬んでるなあ私。」と自覚する事があります;
その本を読めば何か解決できるかもしれないので、ぜひ一度読んでみたいです。

しじみ巾着、本当にかわいいですよねぇ~
つい、つられて型紙を出してきてしまいました♪

嫉妬、自分の感情はまだどうとでも対処のしようがあるけど
他人のはどういう観点からそうなるの?という思わぬ角度から
嫉妬されトラブルに巻きこまれるケースとかあるので本当に難しいです。
大人だけでなく子供のいじめの原因の中の一つにもなっていそうですしね。
下だと思っていた人間に思わぬ所があると急に手のひらを返すような・・・
今時は友達といっても横のつながりではなく
縦で優劣をつけて付き合う子が多いようなので参考になりそうかも。
早速図書館のHPで検索&予約してみます~~~

嫉妬かどうかはわかりませぬが、自分のやったことに対しての評価がほしいなとつくづく社会に出て感じます

やはり男女の差は大きいです
同じ実力でも男の方が給料的にも役職的にも上になりやすいのをずっと見てきたから、いつも悔しくて悔しくて

絶対男には負けたくないと、もっともっと頑張るぞと

そしたら私の頑張りも伝わるかなぁって

男がほとんでの我が社で、おっさんにまみれて危険な機械を使う私かっこいいとか思ったりもします(笑)

あ、家、寒いですよ~
気密性ないもん(笑)

その代わり、夏は涼しいでscissors

カウプレ、お疲れ様でした。
また外れてしまいましたが次回(図々しいヤツでスミマセン。。。。)
に期待しちゃいます♪
当たった方々おめでとうございます!

ベージュもいいですね。
レースがポイントみたいみ見えますが、交差するレースも
見たみたいな。。。。(^-^)

図書館はとーんとご無沙汰です(>_<)
昔は1日中読んでも読んでも飽きなかったのに、今じゃ
マンガのワンピースに溺れてますわ(T_T)

A4巾着を一歳になる友達の娘さん用につくりました。
3枚の布合わせは難しかったんで、ボトムとひも通し布は同じ布を使ったんですが、とってもかわいくできました!
この比率、いいですね!
前に息子にちょっかいだされるから・・・とコメントしたんですが、お昼寝の時間をうまく使えばできることが分かったんで、息子用にも作ろうと思いますv

のたりんさんこんにちは!

 和柄とレース、合うと思いますよ。真っ白なのが特に合うんじゃないかと思っています。そういうモダンな組み合わせもいいですよねーv 私も今度、あえてやってみよう!

 怒りの本も面白そう。感情は何故あるのか、どうしてコントロールが難しいのか、知りたいですよね。本能に直結しているようなので、生物として生きていく上で必須の心なんだと思うのですが。
 怒りや苛立ち、嫉妬はどんな動物にも存在する感情みたいですが、笑う事だけは人間だけの感情らしいという話もあるし、感情にまつわる本はどれも面白そうです。

-----------------------
モグモグさんこんにちは!

 雪が降ってくるのを見てると、吸い込まれそうでずっと見ていられる不思議な感覚。寒くて困るけど、アスファルトに溶けていく雪がたくさん落ちてくる姿を見ながら歩くのは、嫌いじゃなかったりします。
 でも寒いwww

 しじみ巾着はSサイズですよねーw 私もSサイズしか作っていない勢いです。
 巾着は紐をしめるときはいいけど、開けるのはちょっと難しい!

-------------------------
みあさんこんにちはv

 アンケート面白いですねw でも返答しづらい事でもあるので、次回はもう少しライトな内容にしたいです。それでいて興味津々な内容で・・。

 妬みの気持ちは、万人にありますので、恥ずかしい事ではないのですが、やはり良くない感情という自覚があるだけに、芽生えると苦しいですよね。
 でも自分の嫉妬は努力で抑えられるけど、嫉妬の標的になったらどうしようもなかったりするので、いかに相手に嫉妬心を芽生えさせないかというのも、人生の処世術として必要なんだと思います。この本はどちらかというと後者向けでした。

--------------------------


maさんこんにちは!

 しじみらー!しじみらー!

 嫉妬は本能だからどうしようもないですよね。子供も誰かがひいきされていると感じると、即行動に移しちゃいますし;
 でも人は嫉妬する生き物であるという事を知った上で、それを見据えた行動ができれば、うまく回避できるのかもしれません。

 この本によると、自分と同列、自分と同じレベルの人が、自分より一歩先に出た時が一番嫉妬心が芽生えるんだそうですよ。でもわかる気がしますよねー;
 
 この本、サンプルになってる人がみんな男性という事もあり、内容としては男性向けかもしれないです。女性の嫉妬心とは若干ベクトルが違う感じ。

----------------------------
キャラメルコーンさんこんにちは。

 男性に嫉妬している!?w やっぱなんだかんだ言っても、仕事の場は男性社会ですからねー;私の会社も大部分が男性ですよ。給料は本当に上がりにくいです。女性はそのうち結婚していなくなるんだろうというのが、未だ根強いですからねー。頑張ってずっと働く女性もいますが、腰掛前提の事をして、女性の評価を下げる女性もおりますので、今以上に女性が評価されるには、男の2倍は働かないといけないのではないかと思う事があります。
 男性並みに働いて評価されたいけど、男勝りになりたいとかではないので、その辺りが微妙ですよね; 性別じゃなくて、個人としてみて貰えるとよいのですが。

 夏涼しいのはいいですねw でも冬の寒さはこたえそうですぞ;

-----------------------------
bibiさんこんにちはv

 次回カウプレも来月すぐにありそうな予感が・・・w 190万HITあたり、出す物が本当になくなりそうです。どうしようーw

 ワンピース、面白いらしいですねw 冒険系のストーリーが好きなので、私も読むとハマってしまうかもしれない;

-----------------------------
みでりさんこんにちは!

 巾着の作成ありがとうございますv 型紙が楽なのだけが魅力ですがw
 息子さん、いい子にお昼寝してくれているんですね。
 そのうち自分用のものを作ってもらえる事がわかれば、起きていてもいい子にしてくれそうな?w でもこの布で作って欲しいとか、リクエストもすごくなったりしそうな予感も。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/53702046

この記事へのトラックバック一覧です: しじみ巾着(ベージュ):

« カウプレ結果発表! | トップページ | Kidsウォレット(ベージュ) »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート