« ローンの申請 | トップページ | カード入れキーケース »

お片づけ系本 購入

Book

 おすすめしていただいた人生がときめく片づけの魔法 を、やっと本屋さんで見つけることができ、買ってまいりました!今年出てから版を重ねているため、新刊扱いでずっと平積みされているんですね。棚を探しても見つからなかったのですが、別の新刊コーナーに並んでいましたv 一気に読み終えてしまいました。わりかし速読しちゃう私ではあるんですが、2時間ほどで読破。いやー、読み物としても面白かったですよ。

 購入前にamazonでレビューを調べて行ったのですが、皆さん大絶賛。

 私は本の説明の「会いたかった人から連絡が来た」「体重が減った」「人生が変わった」というような、怪しいパワーストーンの誇大広告のようなフレーズに、ちょっと嫌な予感がしてしまって、一瞬ためらってしまったのですが、この件に関しての説明も本の中できちんとなされているので、この文章に引いて読まずにいるのは勿体無い1冊でした。

 まずこの本は、今までの片付け本とは内容が異なります。理論や知識が主体ではなく、感情や感覚といったメンタルの方がメインですね。男性や、男性脳寄りの人には合わない方法ですが、感情の生物である女性には、今までの法則より圧倒的に有効だと感じました。

 物に対する姿勢や考え方も一味違う。生真面目すぎる現実主義者にはキツイ方法なんですが、日本は古来から大切にした物には神が宿ると考える国民性なので、ある程度許容できる考え方かと思いますが、物にココロがある的な扱いをするという特徴が面白いです。
 寝てる物は存在感がないので、片付けの前に起こさないといけないというのも面白いし、タグを切るのは物を我が家に迎えるへその緒を切る儀式だとか、物との関わりの考え方が、今までにない視点で凄いです。

 人でも物でも、大事にすれば応えてくれるという事を基本とし、自分と物とをココロで繋ぐというか、物と自分の関係をココロで説明する感じというか・・・。

 つまり、手で触れたときに、その物と自分の関係が反映された反応を、ココロがする。筆者が言う「ときめき」ですね。物に触れたときに「ときめき」があれば、自分とその物の関係は良好、物は自分のために働いてくれるし、自分もそれを大事に出来る関係。その「ときめき」が続く限り、手元に残す物。

 反して、触れても何の感情もわかずに、捨てるとなったら勿体無い、まだ使えるし・・・という知識や罪悪感的な反応しか出ない物は、捨ててもいい物。手元に来た時や買った時、パッケージをあけたときのドキドキ感だけがその物の役目であって、「ときめき」が今ないのなら、その物はすでに役目を終えている、だから捨てて開放してやるべき!という考え方です。 すごく面白いですよね。使える使えないで物を選んでいると、中々捨てられません。大抵の物は、捨てるなければならないほど壊れることって滅多にないですからね。
 勿体無いと思うだけで処分できないものは、使ったりしないものである事が多いです。似合わない服だけど新品だから捨てられないって事、結構ありますよね。でもそれを乗り越えないと、物が絶対に減らないと筆者が言っております。
 本の半分以上が捨てる事に関して。収納はすべて捨ててからじゃないとはじめてはいけない鉄の掟を持つ理論でもあります。

 私も辰巳さんの「捨てる!技術」で片付けに開眼したのですが、彼女がそれを読んだのはなんと中3。あの本がベストセラーになった年を考えても、かなり若い方なので、文章の随所にまぶしい乙女オーラが漂っていますが、そのキラキラ感が若さのせいだけじゃないというのも、本を読むとわかります。
 
 かつて風水の本にもありましたが、使われない物が仕舞われている場所にはよどんだオーラが溜まるとか、雑多な場所には負の気があると言われておりますが、そういうマイナスの雰囲気を背負っていると、人ってキラキラできませんよね。
 自分が落ち着ける大好きな物しかない空間で、毎日リラックスして、仕事のストレスを開放出来れば、キラキラできないはずがありません。肌の艶も増そうというもの。

 私は布に触れるとすべからず「ときめき」があるので、布は捨てられない予感がするのですが、超初心者の時に買った縫い物の本、まとめ本の方を買ってしまった英語の雑誌のようなものは、手放すべき物に思えました。いつか使うかも、また初心に帰る日のためにという”いつか”を考えて残していましたが、その”いつか”の日には、新しい本と出会えるんじゃないかと。むしろその新しい出会いを逃さないために、もう役目を終えたこれらの本は、我が家から卒業させてあげないと!

 そんな感じに、読後には色んな不用品が思いついてきて、物を捨てずにはいられなくなりますwww
 私も今日から早速、お片づけですよー。とりあえずゴミの日に合わせて、その前日にドカっと我が家も片付け祭り!

 面白い本を教えてくださってありがとうございましたv これは私とっては、買いの一冊でした。

 ブログ閲覧の皆様へのおススメ度としては、文章も読みやすく、内容が面白いしのでおススメしたいところですが、若干好き嫌いがあるかもしれないです。理論派の人、根性論の人、究極を極めたい人には、不向きな所も。不思議ちゃん系の人に、イラッと来る人にもおススメできないです。ただ、この考え方はかつての片付け本にはなかったと思いますので、今までの方法ではダメだった人は、こういう方法もあるというのを知るのにはいいです。案外この方法の方が、自分のやり方には合う!という場合もあるかも。

 片付けマニア”こんまり”さんの、今までの片付け武勇伝として読んでも面白いかも。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

« ローンの申請 | トップページ | カード入れキーケース »

購入本」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~(*^-^*)
私も各種「捨て本」「片付け本」を読み漁り、「断捨離」で目からウロコ!
と思っていたのですが、こんまりさんの「ときめき本」はやっぱり
今までの本とはとは全然違うな~、と思った一人です。

現在、捨てる順番の「本」の手前で止まっていますが(コラ
すでに大きなゴミ袋4~5袋は捨てており、こんなに捨てたことって
今までにないです!

布ラーには「布」とか「資材」とかいう難関がありますが。。。
「ときめく」なら捨てなくていいんですよ・・・ね?

おはようございます。ついに購入されましたね!私は今、片付けばかりしていて、昨日は屋根裏収納部屋から荷物を出し、ベビー用品一式、友達にあげたり、今朝、息子を幼稚園に出した後、また粗大ごみを市のごみ処理場まで捨てに行く予定です。すっかり片付け一色モードです。ほんと、「捨てられない女」だったので反省。こんまり様様ですよ!

のたりんさんも言ってるけど、手芸用品は難関。でもでも、今まで買い込んだ生地や手芸用品だけは捨てません。
綺麗に片付けたら、また手作りするのが夢です。

私はこの本に向かない人種だとは思うけど
よくテレビでは拝見して一理あるかな・・・とは思います。
比較的片づけやすい服とかから始めて
捨てる感覚に慣れてから写真とかの思い出の品にかからないと
絶対に片付かないと思うので。
私もこの方の影響で女の子モノの裁縫本や
少々似通ったベビー用品の洋裁本とか結構処分しました。
あと数年はできないだろうなぁ~と思っている刺繍のキットも
近々捨てようと思っています。
視力的に厳しくなってきているので数年後にはもっと無理?ですもんねぇ
20年くらい前の生地で確実に今なら買わないっっって生地は処分しましたが
散々放置してゆがみが固定化して地直しも無理なデニムなどは家用だし・・・と
今でもそのまま使ったりすることがあるので捨てれないです。
ちなみに洗濯しても何してもヘロヘロになったり形が崩れたりしてないです。
生地・資材の処分は難しいですよねぇ~~~
それでも他の部分で頑張りたいですっっっ

おひさしぶりです
なんて すばらしいレビュー!
捨て出すと 捨てる事へのハードル(心理的な)が低くなって行きますよね。((あと 物欲が減る傾向も))
スピードはともかく 処分(捨てる、あげたる、売るも含めて)しないと落ち着かない体質には慣れた気がします。
スピードはともかく・・・つまり、今現在 ちょっと停滞期なんだけど…それでも、購入した100枚入りの45Lゴミ袋、2つ目に突入していますw
MACKさんのレビュー読んで ちょっと捨て期再び!です(笑)

↑ごめんなさい
レビューがすばらしくって 読んだときの勢いを思い出して 分かりにくい、一方的なコメントを…orz
私も読んで すごーい!と捨てる気に満ちれた本でした。服を全て引っ張り出すのに疲れて 不貞寝したり…不真面目生徒(苦笑)でしたが ゴミ袋を捨てるごとに 処分(捨てる、あげたる、寄付する、売るも含めて)のハードルが下がった気が…したもので…

初めまして。毎日楽しみに読んでおります♪

私は、何で知ったかはもう忘れてしまいましたが『自分が死んだら全部ゴミ』というこの言葉で片付けするようになりました。
最初にしたのは 思い出からです。そう この本とはまるっきり真逆です(笑)
やっぱり、自分が死んだ後に残った手紙を身内が見るということは 自分のことや友達の相談ごとなどが暴露されることになるんですよね。それを考えるといてもたってもいられない(;;;´Д`)
ただ、自分で3通だけ読んで後は見ないで破って捨てようと決めてやりました。
前ならつらつら続けて読んでしまうところでしたが、その時はすぐに捨てないとダメだと思っていたので3通読んだら スッキリして捨てられました。
写真も楽しくなかった時のは ガシガシ捨ててました。
洋服や靴・台所とどんどん進んで行ったのですが、手芸関係は 未だに進みません。
これは、買わないようにする・どんどん作る・自分では飽きてしまったけど まだ全然使えるものとかは ボランティアに送るということにして なんとか片付け中です。
前に比べれば だいぶ少なくなってきましが。。。 
思い出は捨てられるのに 手芸関係は捨てられないのが悩みかな(笑)

昔は引っ越しのたびに捨ててましたが、現在は一軒家なので11月に大掃除月間として見直しするようにしています。12月だと他の雑用もあって忙しいですしね。

片付け頑張って下さいね。

のたりんさん、こんにちはv

 捨てる順番が面白いですよね。私は以前の捨て気分のときに、服は結構ぎりぎりまで減らすことができたので、本からスタートしてみました。
 でも服の畳み方を見てると、畳みなおしてみようかなあと思ってみたりもして、あちこち手を出してしまいそうで、失敗コースに向かいそうです;
 なんとかもう一度読み直して、仕切りなおさなければ・・・。やっぱ服からスタートした方がいいのかも;

 ときめくものは捨てなくてOK!というお許しは、本の中にあったかと思いますw

-------------------------
モグモグさんこんにちはv

 中々見つからなくて、amazonで注文しようかと思っていましたが、なんとか家の近所で見つけることができました。本当にベストセラーなんですね。発売から半年たっても平積みなんて、すごいですよ!本当に面白い本ですね。いい本に出会えました、ありがとうございますv

 モグモグさんの捨てっぷり、すがすがしいですねwなんだか一部屋、空っぽになりそうな勢いではありませんか?w
 私もその勢いで捨てたいーw
 でも世の中の人がみんな、こんな風に捨てちゃったら、埋立地も満杯ですよね;

 ときめく手芸品はすててはいけませんよwww

----------------------------
maさんこんにちはv

 言葉の選びが合う合わないがありますけど、言ってる根本になる趣旨は、ほとんどの人が納得できる内容ですよね。
 私も初心者用の縫い物本は、基礎ガイド以外は処分しました。今は自分のレシピもあって、本からのレシピでものづくりをする事もないので、作り方が参考になる基礎本以外は必要ないと感じ、えいやっと資源に出してきました。
 もったいないなー、図書館にでも寄付すべきかなあーと思いつつ、今までそう思っていても一度も寄付できていないので、きっとこれからも出来ないと思い、出版業界のためにも古本の流通は良くないこともあり、私がとことん使い切った本なので、違う紙に生まれ変わる方に進んでもらうことにしました。
 勉強用のテキストも、他に勉強をしたいという人が現れたらあげようと、取っておきましたが、自分が勉強しまくってぼろぼろのテキストなんて、もらっても勉強のやる気が削がれると思い直し、処分しました。新しい勉強を始めるときは、新品のテキストがいいですもんねw 学校の新学期だって、教科書がピカピカだからやる気が出るしw

 資材類は、これから素敵なときめくアイテムになるので、残しておきませう!

--------------------------------
かこさんこんにちはv

 かこさんは以前から、捨てる女化してたような気がするのですが、また再燃とは、捨てるものがなくなりそうなんですけどwww

 私が今までドカっと物を処分できたときは、腹が立つことがあったりして、ストレス解消のようにまとめて捨てていたのですが、確かに一時的に物は減るんですけど、リバウンドもすごかった! でもこの本の方法で、1つ1つを送り出すという処分の仕方だと、きちんと過去の自分と決別する感じで、同じストレス解消であっても、反動がないような感触があります。
 この本を読むと、片付けることの重要性もわかるし、物との付き合い方がわかる、良いガイド本だと感じました。処分した後は、新しい子を迎えるときも”ときめき”の有無が基準になりそうです。
 捨てるハードルは低くなりますが、買うハードルは高くなるので、物が増えなくなりそうw 

 ゴミ袋がいっぱいになると、なぜだか満ちたりるのはなぜでしょう・・・w今から物を捨てるのに、達成感がすごい。

 それにしても、みんなすでにこの本を読んで実践していて、私ってば思いっきり乗り遅れてた!

----------------------------------
ウーロン茶さんはじめましてv

 私もその「自分が死んだら全部ゴミ」という話、どこかで見ました;確かその言葉を知った時、ちょうど知り合いのお父さんが亡くなられて、その生前のコレクションや持ち物、書類の整理で何ヶ月も費やす事になっていて、それを見て、物を溜め込むと死んだ後に他の人に迷惑をかけちゃうと思ったものです。骨董品だとか芸術品とかの、財産になるような物ならいいんですけど、見渡せば本当、ゴミにしかなからないような物しか持ってないんですよね。

 思い出の品・・・恥ずかしい日記や手紙は、即処分ですね;あわわ、捨てちゃおう昔の日記w 辛い思いを日記に書いて発散したりしてた時期がありましたが、不幸(だと思い込んでる)な自分に酔っちゃってて見てられない!人にみられたら恥ずか死!何で残しておいたんだろう、ウーロン茶さんのコメントを見て、即捨て決行ですw

 私も次は一軒家、次が最後の引越しになるかもだから、荷物は最小限にして行きたいと思います。そして増やさないようにしたいと思いますorz
 11月整理の考えはいいですね。12月はばたばたしがちだし。11月に不用品を処分しておけば、12月は掃除に専念できるし、他の人がゴミを出す時期とズレていると、焼却場の負担も少なくていいかも。年末はゴミが出すぎて、本当大変らしいので。

 お片づけアイデア、たくさんありがとうございますv 即実践!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/53006720

この記事へのトラックバック一覧です: お片づけ系本 購入:

« ローンの申請 | トップページ | カード入れキーケース »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート