« 試作:小銭入れ | トップページ | 試作:小銭入れ »

最後の変更

 いよいよ最後の図面が送られてきました。最後の変更は私がしたのではなく、一条側の都合による変更です。

 階段の下の窓は引き違い窓にされ、下から20~数センチの位置に設置されるようです。
 私が「正方形の窓が好きv」と言った要望に応え、設計士さんがわざわざ設置してくれていた窓が、今回の変更によってなくなり、私が切望していた正方形の窓が我が家から消え去ってしまいました。

 またついに、押入れなどの収納の扉の色も、選択したドアの色になるという事が確定してしまいました。喜んでいる人が多数いるようなので、もはやこちらは諦めるしかないという感じです。
 ドア色=収納扉なら、ドアの色設定に真っ白が存在するので、収納扉の白というのも生産ラインに存在する事になるのですが、選択が許されないのは何故なんでしょうね。

 設計士さんが、本来変更されないと言われていた白い収納ドアを活かすべく、我が家の外観テーマと同じくしたデザインをリビングの壁に設定してくれていたのですが、無意味な物になってしまいました。
 その壁にはフリーカウンターで作られた階段色のダークブラウンの棚と、その隣に白い収納扉が来るという、外観の白+黒のツートンカラーのイメージを踏襲するものでしたが、収納扉の色が変わる事により、そのデザインにした意味がなくなってしまいました。
 壁紙も白い扉になる事を想定してのグレー系で、なおかつ白の無機質感に対比するために、凹凸の大きい質感豊かなクロスを選択していました。
 我が家で選んでいるドアは木目の質感があるので、そのドアと同じ物が設置されるとなると、おそらくリビングの壁はクロスの模様と相まって、かなりゴチャ着いた印象に仕上がると思われます。
 この場所にはすごく力を入れてて、コンセントでさえ1箇所2000円以上するヤツを設定してるんですよー。あーあ・・・。
 
 でももう変更できないと言われており、こちらが変更できないような状況になってからそんな変更をしてくるなんて、いったいどういうつもりなのかと・・・。まぁ多少の覚悟はしていたんですが、期待もちょっぴりしてました。ガッカリ砲の連射がひどすぎるwww

 言うなれば昼食後に予定があるような時に入ったレストランで、魚料理が食べたいと注文していたのに、後は食べる時間しか残っていないようなタイミングで、「魚料理は他のお客様に不評だったので肉料理に変わりました」と言われたようなものです。昼食後に予定があるから、それでも魚料理にしてくれ!と、お客は言うに言えず、食べる予定でなかった肉料理を食べて、食べたくなかったものにお金を払わされるようなもんですよー(変な例え)。

 色んな部分で謎の「一条ルール」に振り回され、我慢に我慢を重ねていたのに、トドメにコレですよ。もうフォローする気力もないです。
 正直な所、20回以上は「解約したい」って考えましたから。でも一条ルールの枠の中で、施主意見を少しでも取り入れようと必死に努力してくれた設計士さんと、情報を集め、意見を本社に出してくれていた営業さんのために、踏みとどまっていたような物かも。自分が今まで使ってきた時間も惜しいし。
 設計士さんも悔しいだろうなあ・・・。

 元々10日限定のタイルキャンペーンの時、それを利用すると見学やビデオ撮影の協力をお願いする事になるかもと言われていました。タイルサービスは破格のサービスだと思ったので、そんな大きなサービスを受けるなら、協力しないわけにはいかないと思っていました。
 うちの建築予定のエリアにはi-smartの展示場が全くなく、我が家が地域1号(その後に2号、3号と続けて建ちますが)になるという事もあり、できればi-smartらしい家にして欲しいと言われていました。
 i-smartらしいデザインが好みで選んだので、もちろんそれは望むところだと、外壁の色や内装も、i-smartらしいデザインにこだわって設定してたんですよね。
 残念ながら施工面積的に、本来標準のスリットスライダーなんかは設置できませんでしたが、都市部なら32坪あたりの家も一般的だから、そういう家の見本にはなるんじゃないかと思って。
 こっちの方がより”i-smartらしい”という理由で、高価なオプションを選んだりもしたんですよね・・・。何やってんだかー。

 10日間限定と言われてたキャンペーンも、実は何ヶ月も続いているとネットでは見かけるし(私が営業さんに確認した時は、キッチンのキャンペーンは延長が決まったが、タイルは終了したと言ってました。でも8月に仮契約の人が、タイルのキャンペーンに釣られたってブログに書いてたりしてますよね;)、このまま定番キャンペーンになりそうだし、もうこれの恩もないですよね。
 見学を希望をされても、私が見せられると思っていた家ではなくなってしまった事もあって、今の気持ちのまま完成に至っても、もう内覧の協力は出来ない気がします。気に入らない部分は、素人DIYでなんとかしようと目論んでいるしw

 こんな辛い思いをしながらの家作りになったのは、この家が新商品のせいなのか、一条工務店が元々こういう会社なのかわかりませんが。
 CUBEも同じように最初はひどかったという話も聞きますし、一条工務店の新商品は施主側の心労が半端ないものになるのだけは確かなようです;

 ジャンルは違えどデザイナーという職種のプライドを賭け、色彩検定1級保持者(死)の実力を披露してくれようと息巻いてましたが、もう何もかもどうでもよくなってピンチです。

 あーあ、何かテンションが上がるような素敵情報ないかなあ。
 雑貨や家具でも見に行って、家本体以外で萌えるしかないのかもー。

« 試作:小銭入れ | トップページ | 試作:小銭入れ »

家作り」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

たびたびブログ訪問させていただいているなおっちと申します。
うちも、今年11月着工、来年3月入居予定で、マイホームに向かって進んでいます。

会社によっていろいろあるんですね~

とっても勉強されてますよね~!!参考になります!!

夢のマイホーム・・・・全部希望通りにというのは難しいかもしれませんが・・・ある程度納得のいくものを建てたいですよね~。

初めまして。
いつも読み逃げですみません。

おうちを建てるって、千円二千円で済む話ではないのに、
こぉんなに不信感いっぱい、あきらめいっぱいでいいのかなぁと
とてもはらはらしています。
私だったら絶対キャンセルしちゃうと思います。
ごめんなさい、きっとたくさんたくさん悩まれているでしょうに。
でもとても心配です。

いよいよ決定なんですね~。
おうちづくり、なかなか理想どおりにはいかないものですね。。。
うちも、後になってこんなことも出来てたんだ!って思うことがかなり多くて≧д≦
まぁうちの場合は私たちの勉強不足が原因でしたけど;_;
規格住宅ってことで、選択肢はこの中にしか無いって言う先入観から出来ないって諦めて、でも実はかなり・・・それこそ注文住宅レベルにまでカスタム可能だった事を後から知りました。
どっちにしても予算がかなり少なかった我が家は実現出来ることは少なかったようにも思うけど^^;
そんな我が家はもう完成間近で、来週はじめには引渡しです。
諦めた部分はかなり多いけど、夢のマイホーム♪大事にします^^

はじめまして
ときどきおじゃまさせていただいておりましたやさぐれと申します。
我が家は本日i-smart着手承諾しました
白い本棚と白い押入れの間にダークブラウンのカウンターテーブルを
最初から設定していました。それが急遽押入れも建具色Σ( ̄ロ ̄lll)
ありえないので図面からやり直してください。と言ったところ担当の設計士の方が本社に
かけあってくださって 押し入れは白のままになりました(*^ー゚)bグッジョブ!!

絶対あきらめないでください

なおっちさんこんにちはv

 おーーーほぼ同時期ですねv 同じ進行具合というのもなかなか奇遇!なおっちさんは別のHMですか?私はほとんど他の会社と比較せず決めてしまったので、他のおうちがどんな風に作られていくのか気になる所です。もし面白い話とかあったらぜひ聞かせてくださいv

 全部希望通りにするとすごくお金もかかるともいいますよね。もう1度家を建てる機会なんて、宝くじでも当たらなきゃって感じですが。

------------------
アルさんこんにちは。

 ご心配おかけしておりますー。本当、お金が返金されるなら、キャンセルしちゃいたかったぐらいです; へっぽこでした。まさか最後の最後でこんな爆弾が投下されるとは思いもよらず。
 今回の家造りは、マイホームをただ持つだけの意味だけでなく、結婚やその後の子供関連などのライフイベントのラインの上に乗ってしまっていたので、自分の年齢的にもそろそろ子供を持つなら早めにしないとという時期に来ていることもあって、また1年かけて家作りというのも難しく。信頼していて期待していた会社だっただけに、本当に残念としか言えないです。

 住めば都、住んでみたらこだわっていた所がこだわらなくてもいいところだったと気づくような事もあるかもしれないので、なんとか前向きに気持ちを切り替えられたらと思っています。
 ってこんな感情を客に持たせるなよー;;って思いも・・・。

---------------------
えっちゃん さん、もうすぐ引渡しなんですね!うわー楽しみですね。

 (*゚ω゚*)引渡しなんてすごくドキドキしそうw 念願のマイホーム・・・いいひびきだ・・・。

 諦める部分って絶対出てきますよね。でも当たり前のように大丈夫だと思っていた部分がダメとか、やっぱこの会社おかしいんじゃないかと思い始めてきました。
 規格住宅であっても、もう少し選ぶ余地があると思うし、決まっていたものが変更になるなんてことはないのではないかと。
 お金が足りないとか、土地が狭くてダメとかなら、納得できるのですが。

 それにしても引き渡し間近かー。やっぱうらやましいものですねwもう私も来年にワープして、明日にでもその日を迎えたいです。

----------------------
やさぐれぱんださんこんにちは!

 i-smart着手承諾ですか。確認をすべて終えられたんですね、お疲れ様でした。
 収納と本棚でカウンターをはさむなんて、すごい機能的でオシャレですね!いいアイデアーー。確かにその構成だと、押入れ扉の色が本棚の色と違うとおかしいですよね。本棚の色を選べないのに、建具だけ強制で1色限定とかなんのつもりなんでしょう。もうその時点の前提がおかしい気がします;
 やさぐれぱんださんは、白い扉を勝ち取ったんですねw うちの設計士さんは、本社に逆らわないルール厳守の人なので、そういう陳情(?)は一切してくれないので、なんとか別のアプローチ方法で、私も白い扉を手に入れたいと思います!
 
 心強い情報ありがとうございました!

本当に大変ですね、お家作りは。。。

メーカー側の変更のせいで、思い描いていたお家と違ってくるのであれば、メーカーへ交渉したらどうでしょう?
だって実際にこれからローンを払って住まれるのはMACK さんだし、メーカー側の事情で最終変更されたのですから、それによって不利益をこうむるのは施主さんだとすると、何かおかしくないですか?
だってメインはメーカーみたいに一条工務店は思っているかもしれませんが、メインはMACK さんだと思うんです。

最終変更をしたのがメーカーではなかったら、お約束として守らないといけないのかも知れませんが、メーカー側の事情で勝手に変更されたのですから、強気に出るべきなのかなと思います。。。

なんか文章がくどくなっていますね、ゴメンナサイ。

私もぽっぽさんのおっしゃる通りと思います。
始める前からこんなに泣き寝入りだなんて信じられません。
一条工務店って良いおうちをつくる・・・という印象があったけれど、
なんだかがっかりです。
予算がなくてとか工法上の問題からあきらめるというのなら話はわかりますが。

我が家を建てるときに、引き戸が勝手にドアに替えられており、
たった6畳の部屋なのに、そのドアのために一畳とられ(なんと内開き)、
ドアに罪はないのですが、ついじゃまでいつもそのドアにあたっていました。
どうぞ最後まであきらめないで。

ぽっぽさんこんにちはv

 励ましありがとうございます。先のコメントのやさぐれぱんださんからの情報もあり、こちらが折れて諦める必要はないんだと、考えを改めました。私の家ですもんね、一条工務店のモデルハウスを建ててあげてるわけじゃないですもんね。
 毎日見る事になる風景を、「この扉はメーカーの都合で変えられたんだったなあ」と、嫌な思い出にしたくないです。

 ただ気になるのは、この扉色の変更は、他の施主からの強い要望によって決まったようなんです。意見を取り入れてくれた一条バンザイ!という気運が高まっていて、それに水を差すのもなあ・・・なんて弱気になってみたりも。
 でもブログで愚痴愚痴しょんぼりしてても埒は開かないですよね。白の扉を是とする施主もいるという意見を、きちんと本社に伝えなければと、夕べコメントのお返事を書いたあと、半分徹夜して本社に直訴メールをしました!今までの変更は、施主から直接メールがあったからのようなので、これが一番有効なのではないかと。
 返事はまだありませんが、一縷の望みをかけて。

------------------------
アルさんこんにちは!

 コメントありがとうございます。危うく泣き寝入りするところでした。喝をありがとうございます!

 一条工務店、いいんだか悪いんだか判断がつきづらいです。建てる家の性能はとても良いと思いますので「(性能が)良い家をつくる」点は、揺らぎないのではないかと。まだ実際のi-smartは建ってないので、これが良い家になるかどうかは言い切れませんが、今まで建ててきたものは、家としての性能は申し分ない出来上がりだったと思います。
 その性能のために我慢しなければならない事が多いとは聞いていたのですが、このi-smartに関してだけは、デザイナーが「i-smartのイメージに合わないからダメ」と、性能じゃない部分で施主に制限をかけてるのがとても気になります。合う合わないは、施主の判断になるべきなのでは、と・・・。
 全体的にシャープでクールな印象の内装になるので、1階はかっこよく、二階は安らぎ空間の雰囲気で柔らかくしたいと言っても、認めてもらえないのです。どんなにお気に入りの設備があっても、それを入れる事すら許してもらえないという。
 最初からそういう商品ですよと説明があれば、この家を選ぶ事はなかったと思うのですが、後から後から聞いてなかったルールが湧いて出てくるんですよねorz もう疲れてしまって弱気になっていました。
 でも私はもう遠慮しません!がんばって建てたかった家に仕上げます!(モンスターにならない程度に; 
 
 それにしてもアルさんの家の無断扉変更はひどいですね;引き戸とドアでは暮らしの仕方が違いすぎますし、しかも後から変更できる部分でもないから、なんだか私みたいにたかが色の事で落ち込んでたりしてるのがとても申し訳ないです;

さっき投稿したはずなのに、反映されてない。。
しかもコメントが途中で消えまくりで、これ3回目です。。泣

こんにちは。

最終の変更・・悲しすぎるじゃないですか。。
白い扉だけでも、前例があるようだし、ぜひ強気にいってください!!
i-smartガス仲間として心から応援しています。

この記事から3日ほどたってるので、状況がかわってることを祈っています。

ちょっとくらいモンスターになっちゃえ!!

うちも着手承認の判を押す日が間近です。
わたし、家づくりはもう懲り懲りです(笑)

てぃだかんかんさん こんにちは!

 コメント消えてしまったなんて、とんだご迷惑を・・・; ココログの不具合かなぁ;

 メールを出したけどお返事がもらえず、がっかりしたままの着手承諾になりそうでしたが、押入れの白い扉、審議対象に差し戻されてるらしいと営業から連絡が!でも期待して裏切られるのが本当にもう疲れたので、期待せず経過を見守りたいと思います。

 私ももう家作りは懲りました;
 家が完成すると、また建てたくなったりするんでしょうかねえ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/52844324

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の変更:

« 試作:小銭入れ | トップページ | 試作:小銭入れ »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート