« ぺたパンダ | トップページ | 試作:A4用紙で作る型紙バネポ »

住宅展示場見学(i-smart)

 一条工務店のi-smartの実物を見てきました!

01  営業さんの車で、遥々と成田の展示場まで。成田の展示場は大きくて、見ごたえがありますねー。
 そんな中に出来たてホヤホヤのi-smartちゃん。配色センスが一条工務店!って感じですが、オレンジのタイルが使われていました。世田谷の方の展示場にも、i-smartが建つっていううわさも。

 まだプレオープンのような状態なのか、まだ看板もかかっていないし、のぼりもないですね。でもすでに、お客さんはたくさん来ていました。もしかしたらi-smart仲間かもしれない。

 中の様子なども撮影してきて写真が多くなりましたので、続きの方に掲載します。

 ちなみに今日、成田では額縁、イベントをやってた船橋では、桃と梨と流しそうめん機を貰いました。住宅展示場は物がたくさんもらえますね。前は花の植木鉢と洗剤もらいました・・・。
 来る人があまり多くないみたいで、先着30名様のもの、終了間際の時間になっても貰えるみたいなので、レジャー変わりに行ってもいいかもw

人気ブログランキングへ

02_2

 シューズボックスがネットで不評だったので、どんな物か玄関に入ってすぐに見てみました。
 本体には高さがあって、収納量は抜群なのですが、この写真のように下に手をかけないとあけられないという。オシャレな外観のために、取っ手を付けていないそうです。さらに押したらパコンと開くシステムも、手垢がつくからという理由でついておらず、必ずこうやって屈んで開けるしかない。

 おしゃれの演出のために、シューズボックスの上下にLEDのライトがついており、浮遊感をアピール。でも浮遊する生物を誘引するようで(蛾なんかの虫・・・)、天井付近に羽蟻をはじめ、多種多様な虫さんたちがコンニチハ状態でした; 玄関に入ってすぐの場所にこんな明かりあれば、LEDとはいえ、夜なら虫さんが殺到してもおかしくはない・・・w

 この電気のON/OFFは、玄関の灯りに連動しているらしく、玄関をつけたら、ここも電気がついちゃうみたいです。

 使い勝手を究極まで無視している割には、すごいかっこいい!おしゃれ!不便でもコレを使いたい!というビジュアルの良さでもないという所が大変微妙で、不評もうなずけます。 デザイナーが考える事を放棄している感じ?取っ手がついててもオシャレに見えるように作ろうとか、そういう方向ではないのは確か。

--------------------------

03  リビング。フローリングの板の1枚の幅が広い。通常のフローリングの2倍の幅があるような気がします。
 写真で見ると微妙に思えた白いフローリングも、実際敷いていると結構オシャレ。
 こちらの履き出し窓は、壁の面積が大きく必要なので、うちには付けられずがっかり。
 こういう大きい窓を含め、トイレの小さい窓に至るまで、断熱効果の高いハニカムシェードが全窓標準になっています。カーテンなしでも大丈夫なぐらい。

04

 ダウンライトはこういうつけ方も可能。

----------------------------

05

 オープンステア。うちに付く階段はこちらのタイプで、色もコレになります。展示場は幅の広いタイプの階段がついていますが、実際は90cmだったかな。
-----------------------------

06  キッチン黒。かなりオシャレさんです。左右の袖の引き出しは無くす事も可能みたいですよ。このキッチンはIHを前提として作られており、ガス版が出来るかどうか微妙だそうです。当初ガスもあるという話だったんですが・・・。まだわからないそうですが、IHのみになることも覚悟しておいて欲しいと言われました。
 営業さんに来てる情報では、ガスもOKというニュアンスの資料だったらしいのですが・・・。本社迷走? 地震以降の社会情勢というのを考えると、オール電化は避けたいと思うのですが。もしガスも取り入れたいというユーザーが多ければ、実装確率は高くなると思うので、声を大にして言っておきます。

 あたし、料理は火でやりたいの!ガスコンロOKに作ってください!ガスオーブンもビルトインさせてwww

 もしガスはダメってなったら、勝手口に七輪置いて料理しちゃうぞ。

 ちなみにキッチンの高さは85cm固定。

07

 収納もいいかんじ。写真を撮り忘れているのですが、コンロ側の方に細い縦長の引き出しがあり、そこはお玉やフライ返しなんかを掛けることが出来るスペースになっており、すごく便利そうでした!アイランドキッチンはそういう道具を吊るすところがないだけに、嬉しい仕様です。

08  カップボードはカッコイイ開き方します。これはユニット式なので、家電収納タイプだとかを選んで、自由に組み合わせる事が出来るようです。幅もわりかし自由が利くし、このようにカップボードの隙間に窓の設置もOK。

------------------------------

09

 お風呂はi-cubeと同じもので、この写真のタイプがデフォルト仕様。鏡を取り外すとかは出来ないそうです。
 風呂釜もi-cubeと同じ。色も同じ。

10

 うちは段差があって入りやすい半身浴タイプにしました。5万ほどデフォルトよりお高いけど、お湯の量が少なくても楽しめるし、何よりリウマチの悪化した時を考えると、出入りしやすくていい・・・。

 お風呂の窓は、ガラスの間にブラインドが封入されているタイプ。掃除が楽ですね!

 下のつまみみたいなのが磁石になってて、それを左右にスライドする事により、ブラインドの開け閉めが可能。これも標準になってます。

--------------------

11 2階の方は床の色を変えての別バージョン。実際の建築する家では、上下階で床の色を変更する事は出来ませんが。

 屋根の形に合わせて天井を斜めにする事は可能。

 テレビボードの小さい版があり、7万ほど安くなっていい感じの大きさだったので、うちはコレに変更する事にしました。色はこの白のみだそうです。
 ちなみに床の色も、うちはこの色になります。

--------------------

12

13

 キッチンその2。このステップカウンターの白!現在はコレを指定しています。
 床の色との対比が確認できてよかった!合いますよね~。
 まぁガスコンロが使えないままの仕様になったら、このキッチンじゃなくなるんですけどorz
 何故かこのステップカウンターだけは、左右にコンセントがあります。便利そう。

 ←このカップボードが家電収納タイプだと思われます。

14

 シンクはこんな感じになってた。微妙に凸凹質感。

15

16

17

 蛇口はコレ。 なんか伸びるし。
 上下のひねりでお湯の温度を決めて、右に開くと水が出るようだ。
 これは使いやすいかもしれない。

 まな板を立てるところはやはりない。
-----------------------

18

 和室をカタログで見た時は、何か間違った方向のモダンデザインに見えてしまったけど、実物はかなり良かったです。

 リビングから丸々見えても違和感のない感じ。

 畳の色も悪くないと思います。
 緑のも綺麗と思いますが、リビングから見えるように作るなら、この畳色が馴染んで綺麗かも。ちなみに原料はイグサではないので、日に焼けたりはしないそうです。材料なんだったかな・・・。

-----------------------

19  クローゼットなどの収納扉はすべて白限定。中の棚も固定されてて動かせないそうです。
 この建具も、考える事を放棄しているデザインで、ただの白い板。実際に使用する人の利便性は全く無視して、ただの白い板。取っ手がついてるのが唯一の良心か。1畳分の収納のために、ドアが開くスペースが1畳必要という。6畳の部屋でベッドを置く事になると、ギリギリだそうです。この部屋は8畳ありましたが、ダイニングテーブルサイズの机が1個置かれているだけでも、この収納のドアを開けるといっぱいいっぱい。
 しかもこの扉はかなり安っぽくて、ベロベロ。賃貸マンションとかについてるようなやつと大差ないかも。
 

20

 私の部屋につく収納がこのサイズを予定していたのですが、5.5畳しかないのにこの開放っぷりなので、収納の方を幅の小さいサイズに変更しました・・・。

 収納が小さくなって余ったスペースに、この本棚をつけてもらう事にしました。本棚として本を収納するのではなく、資材類を小分け収納する棚と化していると思いますがw

 大きい本は入らないけど、数は入って結構いいかも。

 押入れタイプの収納なら、棚の位置などがかなり自由です。扉は同じく白か、壁紙と同じ物が貼られた物になっちゃうと思いますが、幅も奥行きも自由度が高いので、クローゼットよりは押入れが便利かもです。

-----------------------------

21

 洗面所はこんな感じ。コレは大きいタイプ。うちのはシンクの横スペースの余白がなくなったぐらいの大きさになります。
 高さは3種類から選べるみたい。

 鏡の部分は開いて収納になっており、そこには髭剃りや電動歯ブラシの充電のために、コンセントがついてます。
 鏡はグイっと引き出すことができて、3面鏡のような角度にしたり、手前に引き寄せたりできます。

------------------------

 玄関のタイルはヨーロピアンタイルで、5色ほどから選べるようです。テラコッタはなくなったそうです。

---------------------------

 総評的に「見た目にこだわった商品」をアピールしていましたが、デザインのために機能が潰されており、いろんな制限があって辛い部分が多々。これから修正されたり、追加されたり改良されていく予感がしますので、たぶん5年後ぐらいには、すごくいい感じに洗練されるのではないかと思います。
 今建てるならi-cubeの方がいいかも・・・。

 機能というか、使い勝手に制約がある割りに、それに見合うデザイン性がないんですよね・・・。一条の売りである”家は性能”の言葉を裏切って設定されているのが、ただの使い勝手の悪い白い板では、なんともやりきれない印象。

 シューズボックスと、クローゼットのドアだけは、なんとかした方がいいと思います。

----------------------------

 2階に設置するシアタールームの情報としては

・自分で後からプロジェクターやスクリーンを買って来て後付けできるように、設置準備の工事だけをしてもらうというのは可。
・一条が用意しているスクリーンは100インチのみ。これに綺麗に投影するには10畳必要。型番なども聞いてきたけど、何処まで書いていいのかわからないので、ちょっとブログに記載は控えておきます。価格.comで相方が調べた所、一条の値段はそれと変わらない金額です。性能としては無難で一般的みたい。

 シアタールームに出っ張りが付くとよくないので、照明をダウンライトにする予定だったのですが、断熱材が入っている関係で、ダウンライト自体の設置は推奨できないそうです。つけられるにはつけられるけど、LEDは基本的に不可。付けられるけどLEDの寿命が短くなるそうです。調光が欲しければ白熱電球をつけるしかないかも?という話。

 

« ぺたパンダ | トップページ | 試作:A4用紙で作る型紙バネポ »

家作り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。

成田と春日部東、両方を比べれば、ある程度の仕様が解ってきそうですね・・
赤のキッチンだけが確認出来ませんが。

グレイ ウォールナットの床も綺麗でしたよヽ(´▽`)/

こちらの写真を見て、ビターにほれ込んでおります。

外壁のピンクを見たい!!


記事が違いますが、最新間取りでは階段横の吹き抜けが45cm、窓の直ぐ横に引き違い窓が設置されていますね。
こちらは可能という事で取り入れているのでしょうか?
私の方では窓はダメで、吹き抜けは90cmになっております。

ななしさんになってますよ、こんにちははじめまして!

 春日部にも展示場があるんですね。そっちも見に行きたいところですね。でももう色なんかは頭の中でイメージして、確定しちゃってるので、なまじ他のを見てしまうと迷うかも?w うちは扉をグレイウォールナットにする予定です。落ち着いたいい感じの色合いですよね。床も素敵かも!
 チェリーも他で見かけない色合いで惹かれるのですが、今が夏で暑いせいか、暖色は避けてしまいます・・・w 

 外壁タイルの見本ももうすぐ出来るらしいです。今はTOTOが作り直してるところらしいです(ムラが多かったらしくて)。世田谷方面にも建つらしいから、もしかするとそこがまたイメージの違う造りかも?

 間取りの方ですが、私の方でこうしてほしいと依頼したわけではなく、設計士さんの方が設定してきたので、可能なのではないかと思います。展示場も吹き抜けは45cmだったと思いますし、カタログでも何軒か吹き抜け45cmって感じですよね。

 窓は足元配置の50cm角ぐらいの小さな窓なのでOKなのかも。今まで階段に建具が重なるのは手を挟んだりして危険だからと禁止だったらしいのですが、今は許可されているそうです。成田の展示場も、和室の引き違いドアが階段と被ってるので、建具がダメという事もないと思います。窓がダメなのは、壁の量の都合があるのかもしれませんね。
 吹き抜けは坪数を減らすために広めに取っているとか、採光を多くしたいという理由なんかで広くされるのかも。建物の形も影響しそうです。

 何故ダメなのか、設計士さんに聞くと教えてもらえると思います。
 うちも本社審査に通らないとか、後で出てくるかもしれないですが、現在はあの間取りのプランで進行しています。

こんばんは。

所沢が来月オープンですので、こちらも気になっております。

やはり成田の和室と階段の被りはNGのようです・・
こちらは本社からの通達で確認ずみとのこと。
I Smartに拘るあまり、NG事項がかなりあるとの事です。

MACKさんの間取りも面白いですね。
階段の窓は位置が低いのですね・・。階段に被って設置されているのかと勘違いしてしまいました。

私もできる限り壁を無くしてくれと頼んでいるため、コンセントの位置、収納不足満載です・・

にゃんぱらりさんこんばんわ。

 所沢にも出来ているんですね。自分は車を持っていないので、営業さんに連れて行ってもらわないとどこの展示場も行けないので、あちこち見学は諦めムードです。

 あの階段と建具の被り、NGなんですね。やっぱさすがに、アレは危ないですよねw 

 成田の展示場って慌てて作ったのか、キッチンや建具の紹介専用のためだけに建てたような感じで、家としてはかなりおかしい造りだったから、ああいう事になっちゃったのでしょうか。 トイレの位置もおかしかったですよね。洗濯機も何故かキッチンにあったしw

  営業さんも建築士の人も、まだ全然わからないみたいで、後からダメでしたーと言って来る事も多く、何が確定しているのかもさっぱりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/52407808

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅展示場見学(i-smart):

« ぺたパンダ | トップページ | 試作:A4用紙で作る型紙バネポ »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート