« 帰省から戻りました | トップページ | 80万HITカウプレv »

四国八十八カ所巡り(6番から)

 いつぞや5番までまわってほったらかしだった四国八十八カ所巡りですが、久々に午前の便で徳島に帰ったので、続きの6番から少し進める事にしました。

01_2  6番、温泉山安楽寺(おんせんざん あんらくじ)。ここはHP掲載目的では内部の撮影は禁止。中の庭園も綺麗なのですが、表門のみの掲載とさせていただきます。こんな風に、お寺ごとに色々と決まりがあるので、訪れる際は入り口の注意書きに注意です。

 ここは宿坊もあって、お遍路さんが宿泊されたりもしています。素泊まりだと4000円程かな。名前が温泉山というだけあって、宿坊のラジウム鉱泉入りの薬湯が有名で、ここの宿坊の利用者は結構多いかも。

------------------------------

02  7番札所、光明山十楽寺(こうみょうざん じゅうらくじ)。
 ここはお花が綺麗なお寺ですね。門をくぐってすぐに、大量の水子地蔵がお出迎えで、ちょっとびびります;
 小さい祠ですが、眼病平癒の小さなお地蔵様もあったかも。

03  手水舎がちょっと変わってる。こういう違いなんかを楽しむといいですよね。このお寺の周囲に限らず、八十八カ所の霊場そばにはうどん屋さんが多く、ここは敷地内に食べられる場所があった。

04

 八十八カ所参りをしていると、みんな順番に行くため、ずっと同じ人を見かけ続けます。バスでめぐるツアーも多いので、同じ団体さんとずっと行動を共にするような感じになるのも面白いです。歩きだとなお、同じ人に会い続けるのではないでしょうか。

------------------------

05

 8番札所、普明山熊谷寺(ふみょうざん くまだにじ)。写真は中門。ここも桜をはじめとした四季折々の花が楽しめるお寺です。

06  変な所にカエルがいたw

 八十八カ所参りは徒歩では最低でも40日かかると言われています。車やバスなどを利用すると10日程。1回の旅で八十八カ所を回ることを”通し打ち”と言いますが、私のように1区画ごとに途切れ途切れに回る事を”区切り打ち”と言います。私は徳島出身で、1番札所が徳島にあるという縁から1番スタートになりましたが、実は何処から始めても良かったりします。
 1番から順番に行くのが普通ですが、逆廻りの逆打ちというのもあります。閏年にやるとご利益が倍増するとか、弘法大師様とすれ違えるという話もあって、逆順に回る人もいるようです。まわる順番もバラバラでも大丈夫だったり。

 実際のお遍路では読経を読んだり、お札を納めたり、朱印を貰ったりしますが、私はどれもやっていません。特に願い事もないせいもありますが、一生のうちもう1回ぐらい、回る事もあるだろうと、次があればその時にやるつもりです。

-------------------------

07  9番札所は正覚山法輪寺(しょうかくざんほうりんじ)。健脚祈願のお寺でもあり、たくさんんのミニわらじが奉納されています。ここでお守りを買うと、ミニわらじの飾りがついていたりも。

08 山門の前のお店で、草餅を売っていたので購入。2個200円。歩きだったら染みると思われる程好い甘さ。きなこが大量にまぶされており、気をつけないとむせる。

--------------------------

09

10番札所は得度山切幡寺(とくどざんきりはたじ)。たっぷりと石段があって、まさしく修行。ここはペット同伴禁止です。
 大型バスは入れないので、バスツアーなどに参加した場合は、別の離れの駐車場から、石段を通らなくても良いルートで専用の車で運んでもらえます。こういうのがあるので、歩きに自信のない方は、バスツアー参加がオススメかも。この階段、結構辛いですよw

10

11

 石段には厄落としの段もあり。
 本堂裏手には布とハサミを持った観音様の姿。

 このお寺のお話として、弘法大師がほころびの出た僧衣を繕うために、機織の娘さんに布を譲ってもらえないかと声をかけた所、娘はその時に織っていた織りかけの布を切り裂いて、弘法大師に差し出したという。
 娘はそのお礼として弘法大師に父母の供養をしてもらうという願いをかなえてもらい、その後、娘自身も千手観音の姿になったとう故事から、「きりはた」寺という名前になったのだとか。
 裁縫者としては、かなりグッとくるお寺ですね。

 気合を入れて更に上の石段を登ると、移設されてきた大きな二重の塔も見る事ができます。見晴らしもすごくいいお寺です。

-----------------------------

12

 11番、金剛山藤井寺(こんごうざんふじいでら)。その名の通り、見事な藤棚のある静かなお寺です。ここは藤を見に来る観光客がいるためか、駐車場が有料。
 このお寺だけ”○○じ”ではなく”○○てら”だったり。他のお寺はぜんぶ、”○○じ”という読み仮名なんですよね。ふじいじ、だと読みづらいせいでしょうかw

13 残念ながら、藤は少し早かったみたいで、まだ蕾。 ちなみにこの藤を植えたのは弘法大師と言われていて、それで藤井寺という名前になったみたいですね。
 GW中に満開になりそうです。

--------------------

 長期の休みの時期になると、たくさんのお遍路さんの姿を見る事が出来るのですが、今年は地震の影響の自粛のためか、少ないようです。
 でも四国八十八カ所巡りといえば、難病の平癒や心の平安、世界平和のような大きな願いを籠めてまわるものなので、こういう時こそ遍路の心が必要なのではないかとも思います。

 四国に旅行に来るような事があればぜひ、1箇所でも霊場を訪れて欲しいです。
 それぞれのお寺の逸話なんかも、面白いものが多いですよ。
 何より手入れされたお寺の庭も素敵だし、季節の花もたくさん楽しめます。

人気ブログランキングへ

« 帰省から戻りました | トップページ | 80万HITカウプレv »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

四国八十八カ所、私もいつかは巡ってみたいと考えています。
心が洗われそうで、憧れています。(八十八か所ともなると、弱い心も現れそうですが。。。)
たくさんの画像UP嬉しいです!バーチャルで巡らせてもらいましたよ(笑)

そうそう、最近mixiで日記を付け始めました。
で、早速バネ口ポーチも登場させていただきました。いちご柄でね♪
今後は、ウォレットやうさぎさんなんかも登場予定です。
ニックネーム『sakura』です。お時間があれば、覗きに来てください!

おかえりなさい。
私は明日から帰省です。
ここにおじゃまするのが、日課となっていたのでうれしいです。
今日は私だけ休みなので、子供たちがいなくて、ゆったりハンドメイドタイム確保します。やっとスリーマイルトート作らせていただきます。

たった今届きました。いつも沢山スミマセン~

ご無沙汰しております。
何度かコメントもしたことあるのですが
いつもかわいい型紙にお世話になってます^^

そして徳島のご出身だったんですね!
私も四国在住で、息子が生後5ヶ月の時に車遍路を始め
2人目妊娠中の大きなお腹を抱えての結願と
約2年をかけてまわってきました。
懐かしくなり思わずコメントを^m^

私も形だけ・・・観光気分での遍路でしたが
納経だけはしてたんです。
娘が産まれ、次は別格二十をまわりましたが
その中のひとつのお寺で、お経もあげずにハンコだけもらうのか!
と怒られたことがありました^^;
それも今では良い思い出かも(笑)
今の遍路旅は良いでしょうね~^^また行きたくなりました。

さくらさんこんにちはv

 八十八箇所巡りって何か特別な感じがしますよね。宗教的なものであるはずなんですが、巡礼の旅というより日本人としての意識の旅というか。
 mixiはじめられたんですね!ぜひ見に行きたいところなのですが、先月容量がいっぱいになってしまって(画像貼りすぎorz)退会してしまいました・・・。会員じゃないと見にいけないのが!
 また友達に招待メールを貰わなければ;

----------------------
memeさんこんにちはv

 お子様のいない自分時間・・・めったに取れない貴重な日だとは思うのですが、そういう日はそういう日で忙しい用事があり、趣味の時間が取れない予感がしますw スリーマイルトートはパーツごとに少しずつ縫い進めるような作り方でも大丈夫なので、のんびり作ってみてくださいv

----------------------
とおりすがりさんへ

 手紙入れるの忘れてましたorz

----------------------
えっちゃんこんにちはっ!そうなんです、阿波っ子なんですよーー!

 四国出身だとお遍路は身近ではあっても、それでも中々まわれない物ですが、おなかに赤ちゃんがいるような身重な体でよくぞw でもおなかのお子さんも一緒に回れているから、なんだかご利益ありそうです。
 お遍路は懐が広いので、観光気分でもOKなんですよねー。でも真剣に回られている方の邪魔はしないのが鉄則ですが。写真撮影などは迷惑になる事があるので、結構気を使います。
 朱印集めはスタンプラリー気分でやってしまう人が多いので、怒るお寺の人もいるかもしれませんね; 昔はあのハンコ、お金を寄進したりお米や食べ物などをお供えして、それでいただける物だったとか。一時期、流行的に自分探しの旅だとか癒しを求めてという、ファッションのようなお遍路をする人も多く、お遍路のマナーを守らない人が多かった時期もあったようなので、お寺の人もぴりぴりしてたのかも?w でもそうやって指摘されたり叱られたりというのも、普段滅多にない事なので、思い出のひとつになりますよね。私もいつか叱られる気がします・・・w

 お経は中々出来ませんが、次行く時は、それぞれのお寺の真言は読んでおこうかと思います;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/51535656

この記事へのトラックバック一覧です: 四国八十八カ所巡り(6番から):

« 帰省から戻りました | トップページ | 80万HITカウプレv »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート