« 被災地にむけての | トップページ | スリーマイルトート »

作り方:フラップカードケース

 このたび、ブログ”うねうねごろごろ”は、ライブドアブログに引っ越す事となりました。

 以下が新しいトップページとなりますので、お手数をおかけして恐縮ですが、登録いただいている皆様には、ブックマーク、リンクの変更をお願いします。
 しばらくココログ側の記事も残りますが、コメントなどは新ブログの記事にいただけると幸いです。

-------------------------------

新サイトURL: http://unegoro.blog.jp/

-------------------------------01

 電子辞書の入る大きめアレンジでの解説をさせていただきますが、カードケースもほぼ同様の手順で作成しますので、型紙は両方を置かせてもらいます。

02

 Ex-Wordを基準にして作っていますが、ゆとりを多めにしています。今回のサンプルはキルティングを使用しましたが、厚手キルト芯を貼った布も、保護出来て良いと思います。余裕を持たせて作成したので、ゆとりがあり、イヤホンをぐるぐる巻いて入れる事も可能。メガネ拭きのようなお手入れグッズと共に入れてもいいかも。
 ブカブカなのが気になる場合は、縦横を各1cm、型紙をカットして作成してください。

03

 Ex-Wordはこういう別売りのケースがあり、私はそれを使っています。硬いので保護には最適。

04

 ケースに入っていてもスポっと入るようにと思って作ったため、素のままだと少しブカブカになっちゃったのですがorz

 小さいサイズの辞書や大きいサイズの辞書も、型紙の幅を広げたり狭めたりする事で対応出来ますので、新生活にぜひ活用していただけたらと思います。
 辞書用のサイズで作りましたが、小物用のポーチとしてもお使いいただけると思います。

第五回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  1478 - 3 = 1475cm

今週ノルマ●●○○(金曜~木曜)

人気ブログランキングへ

**レシピの規約**
 どなたでも自由にご利用になれますv
 特に使用報告は必要ありません。質問がありましたらコメントにどうぞv
 このレシピで作った物の販売OKです
 型紙と作り方を「自分のレシピ」としての公開だけはご遠慮ください
 ブログなどに掲載される時、ぜひリンクしてください しなくてもOKですがご連絡いただけたら見にいきますw
 *レシピの記事に直接リンクOKです

■カードケースサイズ型紙 「20110403.pdf」をダウンロード
■電子辞書の入るサイズ型紙 「20160402.pdf」をダウンロード
 2016/03/27 型紙に貼り合せの説明を追記しました

■材料
  布、キルト芯、接着芯、紐5cm、ボタン1cm~1.2cmぐらいのサイズ

■作り方■
--------裁断------
01_2 フラップ用の布、外側用の布、内側用の布を裁断します。ボタン用の紐は5cmの長さ。ボタンが大きい場合は紐も長めに用意してください。
辞書用:内布にはキルト芯を貼るか、キルティング布を使用するといいです。
カードケース:内布に接着芯を貼ります。

 フラップにも接着芯を貼ります。

--------縫製-------

02_2

 フラップに写真のように紐を仮止めします。
 フラップ用の布を中表に合わせ、上の直線部分を除き、ぐるっと縫います。
 縫い終わったら赤いラインの部分の布をちょっとカットして、表にひっくり返し、形を整えるようにアイロンをかけます。

03_2

 外布を組み立てます。フラップの表裏を間違えやすいので気をつけて、写真のようにはさみこむようにして縫い合わせます。
 表にかえし、縫い代を大きい布の方に倒して押さえステッチをします。

04_2  それぞれの布を半分に折り、両端を縫い止めます。内布の方は、片方に返し口を5cmほどあけておきます。

 縫い終わったら縫い代を割ります。
 

05  マチをつまんで縫います。
 辞書用:3cmになるように縫っています。
 カードケース:布が三角形になってる所を抑えるように縫います。
 3cm幅になるようにするには、定規をあてて、中央の割目の部分を1.5cmの部分になるようにあて、両端を見て3cm幅になる所を探して印をつけます。端っこから1.5cmの位置を縫うようにしてもOKです。

06 表布を表に返し、内布の袋の中に入れます。
 両端の位置を合わせ、ぐるっと一周ステッチします。

 返し口から表に返し、返し口を縫いとめます。

07  入れ口部分を押さえステッチします。横端からスタートしてぐるっと一周。

 本体を潰さないように気をつけてフラップを閉じ、ボタン付け位置を決め、ボタンをつけて完成です。
 入れ口部分が小さいカードケースは、最後は少し縫いづらいです;

« 被災地にむけての | トップページ | スリーマイルトート »

ちくちく(小物)」カテゴリの記事

作り方(無料レシピ)」カテゴリの記事

コメント

MACKさんこんにちわ!!


辞書サイズの型紙、作り方など
丁寧にありがとうございました(^^ )heart

わざわざ載せていただいたのに
コメントが遅くなってしまいすみませんでしたX-(
新学期前で、ちょっとバタバタしていまして...↓


早速ダウンロードして、ペースはゆっくりですが
作っていきたいと思います!

 ゆいさんこんにちはv 

 作り方でわからない所があったら、気楽にご質問くださいねー。サイズ変更方法なんかもお教えしますのでー。

初めまして♪いつも可愛い型紙利用させて頂いておりますheart01
ありがとうございますhappy01

あの、突然なんですがアドビで公開されてる型紙は何のソフトを使って書かれて(作られて)いるんでしょうsign02
私もたまにですが試作などで手書きで型紙を作るんですが、パソコンで書かれているものの方がキレイでデータとして保存も出来るので是非教えて頂けないでしょうか?bearing

パターンとは関係の無い内容ですいません・・・

よろしくお願い致しますcrying


エリんコさんはじめまして。

 Adobeで公開されている・・・というのが最初ちょっとわからなくて、お返事に一瞬悩みましたが、AcrobatのPDFファイルの事ですね。

 私は図案部分をAdobe Illustrator CS4で作成しています。このソフトでそのままPDFへの出力も可能なのですが、複数のファイルを統合する必要がある時に、Adobe Acrobat 9 Pro というソフトを使用しています。

 PDFファイルは現在、Adobe製品以外のソフトでも作成する事が出来ます。

 無料のソフトで作りたい!という場合は「PDF 作成 無料」で検索すると、色々なソフトが出てきます。
 型紙データ自体をデータで作りたい場合は「ドロー系 ソフト 無料」で探してみてください。

 ちなみにドロー系というのは、グラフィック作成ツールの1種で、ベジェ曲線などのラインを引く機能を主とした画像作成ソフトで、 CADで使うような図形ソフトやIllustrator はこのドロー系にあたります。
 Photoshopなどの画像編集ソフトはフォトレタッチ系、Painterのようなお絵描きソフトはペイント系といいます。手書きの型紙をスキャナで読み込んで、それをそのままPDFにする場合は、フォトレタッチ系のソフトでも可能になります。

 最初はソフトの操作を覚えるのが大変ですが、1度マスターしてしまえば、とても便利なので、ぜひ挑戦してみてください!

早速詳しいお返事ありがとうございますhappy01
若干ちんぷんかんぷんな部分はありますが教えて頂いたとおり探して自分に合う物を見つけたいと思いますbearing

ちなみに無料のCADソフトは試してみたんですが使い方が全くわからなくて諦めてしまいましたcrying

ハンドメイドのみならずパソコンもお詳しいのですねflair
羨ましい・・・coldsweats01

これからも素敵な型紙たくさん公開して下さいnote
楽しみにしてますheart01

エリんコさんこんにちは。

 一番使いやすいのはやはり、illustratorだと思います、書籍も多いので勉強しやすいですし。体験版があると思うので、1ケ月ぐらい体験版で遊んでみるのも良いかもしれません。

 私も型紙を作りたいと思い立って、最近になって操作を覚えました。つかっているうちにやり方を覚えていってる感じなので、もし今の型紙のレベルでよければ、作成方法をお教えできますので、お気軽にご質問くださいv

はじめまして。こんにちは。娘の高校入学に合わせて、電子辞書のカバーを作りたく、こちらにたどり着きました。ただ、超初心者のため、型の裁断からわかりません。外布は3枚になるということでしょうか?2枚にカットしたため、外布の縫製のところで???となっています。外布Aの「のりをつけて貼り付ける」も意味がわからなくなっております。だから、外布とフラップの縫い付け方も???になっております。このような質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。( `・∀・´)ノ

はじめまして かすともさん。

 ご質問のところですが、まずこの型紙はA4では全体を完全に印刷する事ができないサイズでした。

 なので2枚に分かれて印刷するよう、分離しており、裁断の前に、まずは型紙を糊で貼り合せて、完全な形にしなければいけません。

 図工の時間を思い出す感じで、のりしろ(色のついたゾーン)に糊をつけて、”のりしろとくっつける”と書かれたもう1枚を貼り付けて、型紙を完成させてください。色のついた部分は完全に見えなくなるように貼る感じです。

 それで完成した型紙で裁断し、説明にしたがって作成していただく形になります。

 それでもどうしてもわからなければ、追加でご質問ください。写真で説明したいとおもいます。

 

かすともさんへ

 型紙のデータを更新しました。
 説明を追記しておりますので、そちらをご確認いただくと、わかりやすいかもしれません。

 お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

おはようございます。さっそくのお返事ありがとうございます。裁断から違ってました・・・。( ´艸`)やってみます。やってみて、わからなければ、また質問させていただくことになると思います。よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 被災地にむけての | トップページ | スリーマイルトート »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート