« 作り方:大きめ一枚仕立てトート | トップページ | 四国八十八カ所巡り(6番から) »

帰省から戻りました

 長らくブログの更新をお休みしてしまいましたが、1週間の徳島帰省を終え、千葉の自宅に戻って参りました。

 4/24出発で、選挙の日だったのですが、地震があると電車が止まってしまう不安もあり、7時には自宅を出る事にしたため、投票できず。前日に行けば良かったです。久々に投票をし損ねました。市議会議員選挙で候補が多く、全員調べ切れなかったので、どのみちいい投票は出来なかったと思いますが。

 午前の便で帰省するのは久々でしたが、兄と母が空港まで迎えに来てくれました。実家まで空港からは2時間30分ぐらいかかるのですが、寄り道をしながら帰宅したので、家にたどり着いたのは夕方になってからでした。

A  実家にはマルチーズが1匹おりまして、以前帰省した際に撮影した写真をフォトブックにまとめて送ったら、大変家族に喜ばれたので、今回も写真集を作ろうと、重いけどカメラを持っていきました。カメラを嫌がる犬なので、中々撮影は難しいのですが、荷物になるカメラをわざわざ持ち帰ったので、激写しまくりました。

B  いつも帰省といえば、秋のはじめか夏の終わり頃でしたが、父が9月に亡くなって、帰省は9月に偏りがちになり、それでいて父の命日付近になると、命日の行事で時間が潰れてしまい、墓参り等もままならず。実は父のお墓もまだ一度も見ていませんでした。そして近しい叔母も最近亡くなってしまい、お葬式に戻る事ができなかったので、叔母のお墓参りをするためにも、9月以外に一度帰ろうと思い、連休前に飛行機を予約したのでした。

C

 お墓は、通っていた小学校中学校のある地域にあるので、久々に通学路だった道を通って、歩いて行ってみました。犬を連れて行ったのですが、実家のマルチーズは途中で歩かなくなるという甘えん坊さんで、この上り坂を抱えて歩く事になり、連れて来たのを後悔したり。雉がいたり、ムササビがいたり、かつては猪も出たこの道が通学路・・・。

D

 お墓参りの後、秋には紅葉の名所になる山の方へ行きました。ここは父が倒れた場所でした。父が最後にやった仕事場で、お弁当を食べました。山桜と藤とつつじが咲き乱れて、とてもいい気候。ここは紅葉シーズンも最高なので、秋にも来たいですね。

E

 溢れる野生の地。なんかもそもそ歩いてたので激写。狸・・・?

F

 帰省3日目は、母の通院で一人お留守番に。毎回帰省したら、1日は大掃除をするのが日課のようになっているので、この日を掃除の日にしました。普段生活していると行き届かない場所を掃除してやろうと思い、今回はお風呂場をメインに。

 4日目は雨。特に用事もなかったので雨の中写真を撮りに行ったりしました。写真は青サギ。飛んでる所の撮影は難しい!

G

 5日目は高知へ。父の生家は高知にあり、父方の親類のお墓参りに行きました。父の兄にあたる伯父にも久々に会いました。軽く挨拶に寄っただけになってしまいましたが、元気そうで良かったです。
 高知の道沿いで、苔むした道路脇の壁に、水で削って図柄を付けていたのがすごく画期的でびっくりしました。絵は場所によって全部違って、同じのを見かける事はありませんでしたが、コレはコストもかからないし長持ちするので、良いアイデアだなあと。竜馬が可愛いw

H

 6日目は、母がやってる畑の手伝いに。手伝いと言っても草を抜くぐらいしかできませんがw その時に叔父に、神社の裏手の森を見て来いと言われて行ったのですが、すごかった! 神社の裏手の森が、一面のシャガの花畑。 私が実家にいた頃は、シャガなんて貧相にヒョロヒョロ生えていただけなのに、何でこんな見ごたえある花畑になったのかと思ったら、叔父があちこちの山から苗をかき集め、世話をしてこの花畑を作ったのだそう。

 畑での草むしり、久々にやったら腰に来た・・・。

I

 7日目最終日。母がいつもの時間になっても起きてこなかったので、死んでるんじゃないかと不安になって、こそっと寝室を覗いたら、ちゃんと息してたw ドキドキしちゃうわ。
 母が寝てる間に、一応気を効かして洗濯物を干したり、朝ごはんの準備をしてみた。
 父が初めて夢に出てきて、「もういぬんか、早いのう、寂しいもんじゃのう」等というから、ちょっと長めに仏壇の前で話しかけたりして、家を出る時間まで過ごしてみたりも。

 飛行機は昼過ぎの便だったので、空港まで送ってもらい、おみやげを買って出発の時間まで過ごしたのだけど、いざ出発という段階になって、折からの強風で飛行機が飛ばないヽ(^o^)ノ
 1時間ぐらい、風の向きや強さに合わせて飛行機が移動しまくり、滑走路を飛行機でドライブしたような感じになりましたが、本来なら羽田に到着する時間になってやっと、離陸する事ができました。

 そんなこんなで帰宅!せっかくのダイエットがリセットされるぐらい、実家ではたっぷり飲食をしてしまいましたorz 明日からはまた日常に戻ります。5月には試験が2種類もあるから勉強もしなきゃいけないし、実家の犬の洋服を縫うという指令を受けて来たので、それも作らなきゃです。

 初のペット服のレシピなんかもそのうち公開できるかも?w(うちの実家の犬サイズ限定ですが・・・)

 おみやげもたくさん買って来たし、更新お休み中に80万HITに到達しましたので、月曜からカウプレ応募受付をしたいと思います!よろしくご参加ください。

人気ブログランキングへ

« 作り方:大きめ一枚仕立てトート | トップページ | 四国八十八カ所巡り(6番から) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
ブログ読んで・・・なんて言うんだろう・・・
ギュ~ッと抱きしめてあげたくなるような母の気持ちです。
きっと御仏壇のお父様も大きな優しいお気持ちで
あなたをギュ~ッとしていただろうな。と思います。
いいお休みでしたね!
では、明日からダイエットがんばって下さい(笑)

おかえりなさい。
ブログ読んで・・・なんて言うんだろう・・・
切なくも暖かい感じ。映画を一本見終えた感覚です。
今回の帰省、お母様、そしてお父様も喜ばれているでしょう。
有意義なお休みでしたね!
まじ、明日からはダイエット頑張ってください(失笑)

※needle works さん。コメント、真似してスイマセン。

おかえりなさ~い!

とても素晴らしい環境で幼少期を過ごされたのですね。
景色を見ていて、とても懐かしく思えました。
田舎って景色自体は違っても、共通する雰囲気ってあるのかもしれませんね。

それから、親孝行お疲れ様でした♪
私も親孝行したくなりました。
ここ数年はお葬式などでしか帰郷できていないので
親孝行の為の帰郷を数年ぶりにしたいです。
読んでいてとても優しい気持ちになりました。
いい映画を見終わった感じって私もそう思いました。
いつも色々なお話で色々な気持ちにさせていただき、ありがとうございます☆

お帰りなさい^^
こちらの方にきてたんですね。私も連休前に高知に方に行きました。
泊りでなかったので色々見れなかったんだけど、楽しめました。
今度はゆっくりお寺を周ってみたいです。祖母がずっと周ってたんだけどなぁ~
画像だけみてもワクワクするし、綺麗に撮れてます。
親孝行の帰省でしたね、両家の親は目と鼻の先なのでいつでも会いに行ってます。
でもなかなか手伝いまではできてないので、大変な畑仕事など手伝ってもいいかと
改めて思ったよ。心温まる日記ありがとうございます。

カンプレも楽しみにしてます♪

needle works さんこんにちはv

 今年で父が亡くなって3年目になるのですが、母も父が倒れた場所を知らないままでいて、その時にそばにいた兄の案内で、今回初めて行きました。お墓も立派なのを建ててもらってるのを見てきました。昔飼ってた犬のお墓も隣に移されていましたw
 実家は気がゆるみまくって、睡眠時間も取りまくったし、本能のままに生活してしまいましたw 空気と水がおいしいと、ご飯もおいしくておいしくてorz 日常に戻って気を引き締めてがんばりたいと思います。次は9月に帰省予定!

----------------
さくらさんこんにちはv

 故郷は遠きにありておもうもの、とはよく言ったもので、離れているからこそ色々と感じるものがありますね。緩やかなペースではありますが、景色もゆるゆると移り変わって行っているようです。優しかった(そして一番お小遣いをくれたw)叔母も亡くなり、子供の頃に散々迷惑をかけまくってしまった近所のおばちゃんも亡くなり、知ってる人が、帰るたびにどんどんいなくなっている事に、色んな思いが交錯します。それでいて、自分が子供の頃にすでに駄菓子屋お婆ちゃんだと思っていた人が、未だに壮健だったりしてw
 田舎を離れてからの年数の方が長くなってきたのですが、会えば私のことをちゃんと覚えていて、声をかけてくれる人が多く、田舎パワーはすごいなあとw
 噂が広まるのも早いから、迂闊な事も出来ないけどw

 ほんの1週間でしたが、昔に戻ったみたいで楽しかったです。
 さて、現実に立ち返って体重計の目盛りというリアルに立ち向かうとしますかw
--------------------
maさんこんにちはv

 昔は田舎に住んでいることが恥ずかしかったり、損した気分になったりしました。町から来た美術の先生に「田舎の子はセンスのある物を普段から見てないから、色使いが地味で古臭く、華がない」と言われ、将来は絵の仕事に就きたいと思っていた私が大層ショックを受けたのですが、静かな落ち着いた色彩の中に、ぱっと華やいだ自然の草花の素朴な美しさの感覚は、田舎で育たないと身に付かないかもしれないと、最近は誇りに思えています。
 ぱっと見て「おおっ」と感嘆の声を貰うより、目立たなくても生活の中に溶け込みつつ、日々の生活に潤いや明るさが出るような色使いの方が、自分にとって目指したい世界なので、今は田舎で育ててよかったと思っています。

 「親孝行、したいときには親はなし」という言葉を昔から知ってはいたのに、父が亡くなるまで結構おざなりでした。適当に顔を見せればいいや程度で帰省もしない年がありました。今はそれが本当に後悔です。してあげたかった事も本当に多いですよ。
 顔を見せるだけでも、親孝行ですから、ぜひ顔を見せに帰ってあげてくださいw

-------------------------
kittyさんこんにちはv

 ご両親が近くに住んでいらっしゃると、心強いですよね。でもそばにずっといると、家族のままの遠慮のなさが出てしまって、改めて親孝行ってしにくいですよねw 私も離れて暮らしていなければ、改めて親孝行なんて意識する事がなかったかもしれません。

 畑仕事は本当に大変でしたw 小さい頃はすぐに飽きて、ろくに手伝いをしなかったのですが、大人になってからやっても飽きるし、腰にくるし面倒でした。でも母がやってるのに自分がさっさと日陰で休むなんて出来なくてww 子供の頃にも、もう少し手伝ってあげればよかったと思います。

 収穫という楽で楽しい事だけしたいとか思ってしまうダメ人間ですが、草取りをし、肥料を撒き、土を寄せて手入れをしてこそ、野菜は実るんですよね。今まで出来たものを貰うだけだったので、今回は少しでも手伝えてよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/51536074

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省から戻りました:

« 作り方:大きめ一枚仕立てトート | トップページ | 四国八十八カ所巡り(6番から) »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート