« 作り方:小さい角型がま口 | トップページ | 型紙:アニマルティーコゼー »

コースターとコート修理

00

 ハギレ箱から集めた布でコースターを3枚。レースをつけたりタグを飾ったり。裏側の布も全部異なっています。今回は通常サイズのコースターで、切り替えアリの型紙を使いました。切り替え位置を上下にしたり左右にしたりで、イメージが変わりますね。どっちが上とかもないのですがw

 コースター以外のハギレ消化方法を必死で考えています。布をはぎ合わせ、パッチワークにすれば何でも作れるのですが、布合わせが簡単に気軽に出来て、かつハギレ箱の中身だけで完結させようと思うと、表用は2枚剥ぎ合わせが限界かなあと。3枚になってくるとそれだけで布合わせが大変。

 何か実用的なもの、作れるといいんですが・・・。いい頭の体操ですねw

--------------

01_3  上司から、奥さんのお古のダッフルコートを頂いたのですが、どうやらクリーニングで皮ひもが傷んでしまったらしく、ヒビ割れがひどかったのですが、ついに一箇所切れてしまいました。
 しばらく縛ってごまかしながら使っていたのですが、さすがにボロボロの印象がぬぐえないので、全部はずして付け替える事にしました。

 ただこのコート、分厚くてミシンが心配!

02_4 そして都合の良い皮紐も持っていませんでしたw ロープがあればと思ったのですが、色がなあ。それに厚みも気になるところ。
 ミシンで縫える方が見た目は綺麗だし・・・。

 そして悩んだ結果、黒のベルベットリボンにしました。ミシンで縫えるし長さもあるし、太さも前の皮ひもに近いから。厚みもそれなりにあるので、ただのリボンほどは貧相ではないですし。

 案の定、縫い代のある部分はミシンに入らなかったので、いったん押さえを外して、目的の場所で押さえを付けて縫うという方法で。どうしてもダメな部分は手縫いになってしまいました。

 これも強度を考えると弱いと思うので、程良い紐は探しておこうかと思います。とりあえずこの冬は、コレで乗り切ってしまおうかとw

第五回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  1997 - 1 = 1996 cm

今週ノルマ●●●●★(金曜~木曜)

人気ブログランキングへ 会社でインフルエンザが流行の兆しらしい

« 作り方:小さい角型がま口 | トップページ | 型紙:アニマルティーコゼー »

ちくちく(小物)」カテゴリの記事

コメント

リメイクいいですね!
私もコートのリメイクしたい(裏地がボロボロ)なんですが、なかなか手が出ません。
ベルベットリボン、とっても合っていると思います。
元の革より少し大人しめで上品な感じですね^^

さにここさんこんにちはv

 もらったばかりなので、即処分するわけにもいかず、苦肉の策といえば苦肉のリメイクなんですが、結構可愛くなったし、他にないオリジナリティも出て、治してよかったなあって感じです。
 でもこういうヒモの交換は簡単で、気楽に挑戦できますが、裏地は難易度が高そうですよね;でも修理すれば表はまだまだ・・・という状態だと、勿体無いですもんねー。1から自分で自作できないし;
 もう冬も2ケ月少々ですし、今年はこのまま乗り切って、クリーニング後に修理というのはいかがでしょうか。せっかくクリーニングしたんだから来年も着なきゃもったいない、じゃあ修理するか!という心理をついて・・・!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/50662521

この記事へのトラックバック一覧です: コースターとコート修理:

« 作り方:小さい角型がま口 | トップページ | 型紙:アニマルティーコゼー »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート