« ニコッとタウン | トップページ | 当たりましたキリンビール »

目が覚める

 元チャンピオンの竹原慎二さんの相談室が、おもしろい。(http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200511/contents03/theme03_02.php

 かなり正論、しかも反論のしようがない見事な内容。コメント内容も面白い。相談者の「何もうまく行かない自分と、チャンピオンになった竹原さんとは、違う星の元に生まれているとしか思えない」という逃げの言葉に、「おまえと俺、生まれた星は同じ地球」って返してたり。
 
 誰か他の人のせいにしている限り、そして言い訳がある限り、認められる日は永遠にこないのだろうな、という事も思いました。努力するしかない、努力以外にやれる事はない、努力以外する必要ない(人を妬んだり、比べたり、言い訳したりは不要)。

 私も1つ、ずっと言い訳してやってきてない事があります。絵を描く仕事ではあるのですが、いまひとつセンスがない。売れる絵柄センス、人目を惹くセンスっていうのが。ずーっと昔から、ないってわかってはいたんですよ。私の絵って古臭いなー、色使いもセンスないし・・・、って。

 中学のときに結構優秀な美術の先生がうちの学校の勤務になった事があるのですが、その先生が他の先生と、私の絵について話しをしてるのを聞いてしまいました。「田舎の子は都会の子と比べて、小さい頃からスタイリッシュな物や、斬新な色使い、センスのある物を見てきていないせいか、どうにもセンスがない 都会の子はそういうものに囲まれているから、何を描かせてもセンスがあるんだけど・・・」と。
 ここで奮起して、デザイン本でも何でも読み漁って、センスを身に付けるように努力すればいいのに、「田舎生まれの田舎育ちだから、センスがなくても当たり前」って思っちゃったんですよ。そういうものなんだろう、って。やる前から諦めてる、みたいな・・・。

 そのままズルズル大人になって、他の部分は頑張ったおかげか(質より量!誰よりも早くたくさん描ける というのだけが売りで)、なんとか絵の仕事につく事は出来ました。が、未だにセンスのなさに苦しむ毎日です。

 でも竹原さんのこの相談コーナーを読んでいて、あれ?私センスを磨く努力したっけ?って・・・。「自分、センスないなー これじゃ売れないだろう」って思うと同時に「まぁ、小さい頃にセンスの良い物に囲まれてたわけじゃないしなー」って言い訳がセットに出てきて、何ひとつやってなかった。
 色彩検定もやりましたが、あくまで試験に出る内容と、色の性質という知識的な物を身に付けただけで、センスに関わる事を一切やってなかったかも。

 そりゃ永遠に、センスのない自分のままだわ・・・。

 これは良いって思うセンスのある絵を、どの部分にセンスを感じるのか、分析して考えて見た事もないし。本当に何もしないまま、「田舎で生まれ育った」頃の自分でいた。そこから脱却する努力をせずにいた。
 リウマチになったとき、これからは質より量は無理。量より質でやれるようにセンスを磨かなきゃ!って決意したように思ったのですが、実はそれから何もやってませんでした!

 竹原さんに良いストレートを貰って、目が覚めたわ・・・。

 いざやろうと思っても、何をしたらいいのか思いつかない点からも、今までセンスを磨く方法を、模索すらしてなかったんだなぁって思います。
 
 何もせずに、センスがない事を悩んでたんだから、笑止だわね。

« ニコッとタウン | トップページ | 当たりましたキリンビール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/43437680

この記事へのトラックバック一覧です: 目が覚める:

« ニコッとタウン | トップページ | 当たりましたキリンビール »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート