« バスツアー(はとバス)黒部2 | トップページ | 夏カーデ(019) »

バスツアー(はとバス)黒部3

2日目の朝も早い・・・。ホテルを7時30分に出発します。2日目がこのツアーのメイン、アルペンルートです。他の乗客はトレッキングシューズに山登りファッション。

 ガイドさんと添乗員さんによると、人気コースなのですごい混雑が予想され、もしかしたらいたるところで数時間待ちがあるかもと・・・。どんなところだ!

02_2 01_2 宇奈月から1時間ほど車は走り、立山駅に到着。こちらで7分ほどケーブルカーに乗ります。ほとんどがトンネルの中で景色はあまり見られませんが、合間合間で見える絶景も中々。このケーブルカーで977m位置まで一気に上がります。

03_2  到着しましたは美女平。ここから高原バスに乗り換え、1時間ほバスの中。周囲の風景はどんどん高山ぽくなっていきます。

04_2 05_2 06

 道を歩くハイカーも多く、空はとても青く、空気もどんどん澄んでいきます。車中から窓に張り付くように、景色を堪能。

07  標高2450m室堂到着。4方向のすべての山が見える、2週間に1度の快晴らしい。こちらでお昼ご飯。バスを降りるときにもらっていた富山名物マス寿司を広げ、周囲の絶景の中食べる。酢がきつくなくて食べやすい押し寿司でした。

08 09 10

 高山植物のお花畑。ここで1時間散策できたのですが、そろそろ集合時間となる頃に、4方から雲が攻めてきて真っ暗に。なんという山の天気の変わりやすさ。

 そんな曇った室堂を後に、トンネルバスに10分ほどのってややくだります。大観望2316mに到着。山の反対側に出るような感じでしょうか。

01_3  続いてロープウェイに乗るのですが、時間が決められているので、その時間になるまでは展望台などで時間つぶし。断崖絶壁にそそり立つ乗り場なのですが、下を見るとお尻がむずむずするような高さです。写真では分かりにくいかもしれない・・・。

02_3 03_3

 ロープウェイは、なだれが多い場所で柱が立てられなかったからと、支柱なしのロープのみ。日本で一番長い距離らしい。この下の植物は紅葉時期にはとても美しくて最高なんだとか。

04_3  ロープウェイを降りるとそこは黒4ダム。正直ここにダム作る理由がわからん。

 自然の中にいきなり現れる要塞のようなたたずまい。

06_2 07_2

 水が出ています。ここも高さがすごい。むずむずするよ。子どもとか危ない事しまくってたが、10年に1回ぐらい落ちてる人いそうな気がする・・・。

 疲労の極。もう歩けない。200段の階段上がって展望台とか行けない!

08_2  そんな私を見つめるダムダム君の/huhモーションがなんかむかつく!なんかわからないけどむかつく!

 ダムダム君の後ろに見える場所が展望台。人との比率で、このダムのでかさがわかる・・・。

 ふたたびトロリーバス、inトンネル。扇沢にたどり着いた頃にはくたくたで、やっと東京に帰れる安堵。バスでぐっすり眠るのでした。

 ちなみにこの日、予想に反して混雑少な目だったようです。いつもはどの乗り物もラッシュのJRらしくて。今回はラッシュ時間ではない田園都市線渋谷方面行きって感じでしょうか(わかりにくい)。中国人観光客の多い場所だけど、丁度オリンピックの時期で中国からの旅行者が少ないのが要因ではないかと。

 思い出しましたが本日のはとバスはポップス。このバスは帰りの暇な時間、備え付けの音楽がイヤホンで楽しめるのが売りです。ただし、音楽はバスによって決まっているらしく、本日のバスで聞ける音楽はというと・・・。

「テレサテン全曲集」「久石譲」「70年代洋楽 愛の歌集」計3チャンネル。流される映画は佐賀のがばちばあちゃん。くっ客層が客層だからか・・・!

 家についたの9時30分。疲れたけど楽しかったです。

 バスツアーにスリッパ最高に楽ですwおすすめ。ほか、荷物をかけるのにS字フックが便利そう(他人のを見て)!次は持っていきますよ・・・。秋用だろうと言ってた先日縫ったストール、日よけになるかと思って持って行ったのですが、防寒に役立ちましたw

 あと、このコースでは、半端に登山が出来るアグレッシブな、割り込みまくりの元気な年寄りが随所にいて、割り込みの際に散々蹴られます。防御は高めの装備がいいですよ。

« バスツアー(はとバス)黒部2 | トップページ | 夏カーデ(019) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~(*^_^*)すっごい景色!うらやまし~

 ただいまにょ~
 おみやげ、おくtt!
 今日か明日つくとおもう。手紙いれわすれたorz

\(≧▽≦)丿スミマセン~!帰宅は日曜なんですが、一足先に帰る者が受けとれますm(_ _)m…生物です?

 そんなこともあろうかと、日持ちしまくりんぐアイテムです。日曜よゆう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/42162277

この記事へのトラックバック一覧です: バスツアー(はとバス)黒部3:

« バスツアー(はとバス)黒部2 | トップページ | 夏カーデ(019) »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート