« 食費超オーバー | トップページ | 今日のうねうね »

増税とか

 うーん、増税の波が(=ω=)
例)給与額25万円(扶養者なし)の場合の試算
 所得税額(1月から):旧税額9,700円→新税額 5,390円(△4,310円)
 住民税額(6月から):旧税額5,100円→新税額10,500円(+5,400円)

 自分の所得の場合をぽしぽし計算してみたら、所得税は5000円も減ってないのに、住民税は倍額に、その差額が明らかに、毎年の昇給額を上回っているという…。増税分は数千円ではあるんですが、年間になれば結構な額なんですよね、コレが。
 以前住んでいた場所は住民税が安く8600円とかだったので、これが倍になっててもそれほどでもないのですが、現在は10800円取られているので、倍になると涙が止まりません。もうガンガンと市民サービスを使い倒さないと元が取れないような気さえします。でも私でも利用できそうな市民サービスである図書館は、徒歩で行けるトコにはないという。せめて近所の公園を、ダイエット運動のためにでもとことん利用しようかしら…。
 この数字マジック、実施月がズレてるとこがミソ。あれ?今月給料多いなぁなんて思ってみたものの、6月からドカンと減るわけですよ。人によって4月に1万とか昇給してたら、増税に気づかないかもね・・・!

 この増税分で、生活費を削る事になるわけですが、今後も医療費は上がるだろうし、税金も上がる一方でしょう。1年頑張って働いても、キャリアを積んでも、手取り所得はじりじり減っていくのです(=ω=)虚しいネ・・・。

 収入が多ければ幸福というほど自分の人生は安っぽくはないのですが、ジリ貧はさすがに怖い。収入が減り、でも仕事だけは増えて行くという事を考え、底辺の状態を想定しての生活レベルを落とす事、実践していこうかと思います。いきなり底辺に落っこちると中々立ち直れないけど、自分から計画的に降りて行けば、どんな段差でも怪我はしないはず。

 今、借金でにっちもさっちも行かなくなっている人のほとんどが、遊興費ではなく生活費のためにお金を借りてしまったと言われているのですが、彼らは収入が減ったとき、もしくはなくなったとき、それに合わせて生活レベルを下げたのかどうかが気になります。給料が減ったのに以前と同じ物を食べ、同じ物を買い・・・そんな感じで家計が破綻したって事はないだろうかと。
 趣味にお金をかけ、車を持ち、タバコもをやめず、酒もやめず、娯楽をやめず、維持費のかかる家に住み、前と同じ生活水準を維持するためだけに借金とか、結構ありそうなんですが。ボーナスがカットという話が巷に多いのに、自分だけは大丈夫だろうとボーナスを当て込んで、カードでの家電やブランド品のローン買いというのもあるみたいだし。

 私は借金だけはしたくありません。収入が減ったら、その収入に合わせて生活レベルを下げるつもりです。分を知る、身の程を知るというか。そういう考え方が、人と比べての幸せとか不幸とか、負けとか勝ちとかしょっぱい事で悩む事から開放してくれると思います。
 自分の暮らしの不幸や悩みが他人にはわからないように、他人はどうしても幸せで満たされているように見えてしまうもの。それを比べるから辛くなるのだろうと。見栄を張ってしまうのだろうと。

-------------------------
 靴、2足目の底がはがれてしまいました。2足とも靴屋さんの店頭で買った物で、極端な安物ではないです。通販で買った靴は、さすがに底は磨り減ってしまうけど底が取れるなんてないのに・・・。
 まだ底自体は全然無事なので、接着剤でくっつけてしまおうかと思ってます。捨てるべきは底が磨り減ってるやつの方だと思うし…。新しい靴が一瞬欲しいと思ってしまったけど、増税におびえる身分では修理が妥当('A')でも修理のためのボンドは、高くても透明のヤツにしよう…。

« 食費超オーバー | トップページ | 今日のうねうね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125642/13654679

この記事へのトラックバック一覧です: 増税とか:

« 食費超オーバー | トップページ | 今日のうねうね »

2016年10月

           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

FLAG

  • Flag Counter

楽天

アンケート